日米戦争同盟―従米構造の真実と「日米合同委員会」

個数:
  • ポイントキャンペーン

日米戦争同盟―従米構造の真実と「日米合同委員会」

  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2019年08月25日 09時09分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 243p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309249117
  • NDC分類 319.105
  • Cコード C0036

内容説明

これが戦争の構造だ。アメリカ優位の密約制定機関「日米合同委員会」の正体とは?歪んだ日米関係が形成する戦争体制を、軍事的、経済的、制度的にあばき、その非人間性を「いのちの視点」から告発する画期的ドキュメント。

目次

第1章 日米軍事一体化と日米合同委員会
第2章 武器輸出と特定秘密保護法と「いのちの視点」
第3章 民間人にも戦争協力を迫る安保法制
第4章 日本の戦争と、アジアという鏡
第5章 爆音のない静かな空を―厚木基地周辺住民、半世紀を超える訴え
第6章 老エスペランチスト 由比忠之進の「焼身抗議」
あとがきに代えて 国策とマスメディアと国民の一体化がもたらすもの

著者等紹介

吉田敏浩[ヨシダトシヒロ]
1957年、大分県臼杵市生まれ。明治大学文学部卒業。ジャーナリスト。ビルマ(ミャンマー)北部のカチン人など少数民族の自治権を求める戦いと生活と文化を長期取材した記録、『森の回廊』(NHK出版)で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。『「日米合同委員会」の研究』(創元社)で日本ジャーナリスト会議賞(JCJ賞)を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

日米合同委員会がひそかに強化する対米従属の現状を沖縄、厚木基地、武器輸出問題などを通して検証する迫真のドキュメント。