東大生が身につけている教養としての世界史

個数:
電子版価格 ¥842
  • 電書あり

東大生が身につけている教養としての世界史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年02月22日 04時40分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 230p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784309248493
  • NDC分類 209.04
  • Cコード C0020

内容説明

歴史には“理解の仕方”がある!東大生はこんな「切り口」で、世界史を何倍も面白く学んでいた!意外な事実、意外な因果関係から世界史の正体を浮かび上がらせる!!

目次

第1章 古代オリエント文明と地中海帝国の成立
第2章 古代アジアの諸王朝は東西交流の中心だった
第3章 キリスト教と不可分だったヨーロッパ世界の成立と発展
第4章 インド、モンゴル、中国…アジアの諸王朝、世界と出合う
第5章 資本主義の台頭と産業革命が近代世界を用意した
第6章 幾多の犠牲をへて市民革命と国民主義は成った
第7章 パクス・ブリタニカの時代、世界はいかに「近く」なったか
第8章 二つの大戦の間、世界の主役はイギリスからアメリカへ
第9章 戦後の国際政治の“負の部分”と“テロの脅威”はつながっていた

出版社内容情報

ヨーロッパの創始から9.11までを俯瞰しながら「意外な裏話」を紹介。読むだけで「東大レベルの教養としての世界史」が身につく!

祝田 秀全[イワタ シュウゼン]
著・文・その他