死者のざわめき―被災地信仰論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 259p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309247007
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C0014

内容説明

傷つけられた地蔵、砕かれた神社、そしてみえてきた信仰の真実―被災地における死者と生者のかかわりを見つめる中から東北にもうひとつの近代をさぐりだし、この国の絶望と悲劇、そして希望のありかを根底から問いなおす鎮魂の巡礼記。

目次

序章 死者のざわめき(荒浜 観音さま;奈良 長谷信仰 ほか)
第1章 被災地の声々(京都 地震のめまい;女川 重油と砂塵 ほか)
第2章 不在の故郷(福島中通り 放射能が降った夜;京都 犠牲の共同体 ほか)
第3章 死者を悼む(津軽 川倉地蔵尊;村山 死者の結婚式 ほか)
終章 鎮魂の歌声(南相馬 寸断された交通網;沢田研二ライブ1 海にむけて ほか)

著者等紹介

磯前順一[イソマエジュンイチ]
1961年茨城県生まれ。国際日本文化研究センター教授。宗教・歴史研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

被災地の地蔵たちにこめられた祈りに信仰の根源を見つめ、そこから東北の闇、そして日本の深部における宗教を問い直す旅をはじめる。

【著者紹介】
宗教学。国際日本文化研究センター。著書に「タイガース」(集英社新書)「閾の思考」(法政大学出版局)など多数。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件