金曜官邸前抗議―デモの声が政治を変える

個数:
電子版価格 ¥1,496
  • 電書あり

金曜官邸前抗議―デモの声が政治を変える

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 264p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309246109
  • NDC分類 543.5
  • Cコード C0036

内容説明

この国の未来は我々が決まる―路上に集った20万人の声は何を変えるのか?主催のひとりが初めて明かす本格ノンフィクション。

目次

第1章 生粋の市民のデモ
第2章 「金曜官邸前」の胎動
第3章 再稼働のセレモニー
第4章 首都圏反原発連合
第5章 首相官邸“内”抗議
第6章 金曜官邸前抗議は何をなしえたのか

著者等紹介

野間易通[ノマヤスミチ]
1966年、兵庫県芦屋市生まれ。大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)卒業後、『ミュージック・マガジン』『コンポジット』編集部を経てフリーの編集者となる。2011年4月から毎月1回渋谷を中心に開催するいわゆる「ツイッター・デモ」の実行組織TwitNoNukesのスタッフ、その後首都圏反原発連合の立ち上げに参画する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

がんぞ

7
まるでキリストか日蓮みたいに『自分は正しい』と何故思い込めるのか。著者はミュージシャンであり、与えられたテーマに沿って歌うのが得意なのだろうか。民主党政権のガス抜き策であるが。稼働を無くしても原発は巨大な廃墟として残る、産業衰退が狙いか?素人集団民主党は懲り懲りとデモによってではないが“政治は変”わり、日本の安定は皇室あってこそと世の雰囲気は動いた。著者は次はどんな歌を歌うのだろうか?公徳心など無くなれ、バレないと思えば泥棒しなきゃソン、事故で自分だけ助かれば良いと韓国人のように振る舞え、という歌だろうか2014/05/12

そらいろ

2
【図書館】首都圏反原発連合がデモを始め全国で広がり、野田首相と会談を持つ迄の手記。著者が最初に書いている通り非常に主観的。文章も正直言って暑苦しい。今読むと空虚な気持ちになります。衆院選で民主党は大敗、自民党が与党に返り咲き原発再稼動も近づいている。最終章「金曜官邸前抗議は何をなしえたのか」でまとめる筈が、残念ながらまとめになっていない。結局「なしえたもの」は何だったのか。当時の首相と会談という、行動する事主張する事が結果を出せるという証明か。巻末の参加者スピーチ抜粋と時系列の経緯は興味深く読みました。2013/04/19

takao

1
ふむ2019/10/03

akemitsu

1
当時のことを生々しく思い出させるくらい臨場感あふれる記述で、とても読みやすかった。twitterで話題になっていた旗のことなど、この場所を維持するためにがんばった皆さんの考えが伝わる本だった。選挙で趨勢が変わってしまったのが理由なのか、この本を「現在進行形」ではなく「少し前の出来事」みたいな感じで読んでしまった。2014/01/23

hiratax

1
オールド左翼との確執、労組の旗、への取り扱い方は興味深く読む。反原発デモも4月の高円寺は無力感が吹き飛ぶ生命の恢復を喜んだのだけれど、5月の代々木公園は、あの場所がものすごく似合う人たち、いつもの風景、労組の旗が盛り沢山だったので、すぐに乗っかってくるなよと、来るなよとはいわないけれど、旗はやめろという思いはある。2013/07/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5659793

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。