確信する脳―「知っている」とはどういうことか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 300p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309245232
  • NDC分類 491.371
  • Cコード C0011

内容説明

人はなぜ「知ってるつもり」になるのか?記憶ちがいから、幻覚・幻聴、プラセボ効果、デジャヴュ、共感覚、神秘体験や原理主義まで―意識と感覚をめぐる謎のあいだを縦横無尽に駆けまわり、脳の限界と可能性を問い直す、知的冒険の書。

目次

「知っている」という感覚
人はどのようにものを知るか
意志で確信はできない
心の状態の分類
ニューラル・ネットワーク
モジュール性と創発
思考はいつ始まるのか
知覚的思考
思考の快感
遺伝子と思考
思考を支える感覚
確信の二本の柱―合理性と客観性
信仰
心が生み出す哲学的難問
結論

著者等紹介

バートン,ロバート・A.[バートン,ロバートA.][Burton,Robert A.]
医学博士。イェール大学、カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)医学部卒。UCSFで神経科レジデンシーを修了。33歳でマウント・ザイオン・UCSF病院の神経科主任に就任。その後、神経科学部の副部長を務める。神経学以外の著作として、評価の高い小説が3冊ある。カリフォルニア州ソーサリート在住

岩坂彰[イワサカアキラ]
1958年生まれ。京都大学文学部哲学科卒。編集者を経て翻訳者に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。