アトラクションの日常―踊る機械と身体

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 275p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309244808
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C0030

内容説明

機械仕掛けの“アトラクション”が繁茂する私たちの日常生活―そのさなかにある「身体」のふるまいを10の「動詞」で活写。メディア論の型を破る新しい思考スタイルの誕生。

目次

1 揺られる
2 乗り込む
3 流される
4 ながめてまわる
5 買物する
6 セルフサービスする
7 くりかえす
8 複製する
9 同期する
10 夢みる

著者等紹介

長谷川一[ハセガワハジメ]
1966年、名古屋市生まれ。千葉大学大学院中退後、書籍編集者として働く。東京大学大学院情報学環・学際情報学府博士課程単位取得満期退学。東京大学大学院情報学環助手を経て、明治学院大学文学部芸術学科(芸術メディア系列)准教授。専門はメディア論。著書に、『出版と知のメディア論―エディターシップの歴史と再生』(みすず書房、日本出版学会賞奨励賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

機械仕掛けの〈アトラクション〉に取り囲まれた私たちの日常生活――その中心にある「身体」のふるまいを10の動詞で活写する。