シリーズ・道徳の系譜
賭博/偶然の哲学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 178p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309244556
  • NDC分類 112
  • Cコード C0010

出版社内容情報

偶然をめぐる論理と倫理を、競馬予想を切り口に気鋭の哲学者が考察。賭博の本質にせまり、リスク社会を論じながら、生そのものを問う

内容説明

競馬をめぐるかつてない洞察にはじまり、ドゥルーズ/九鬼周造/フーコー/ドストエフスキーを斬新に読み解き、偶然の論理と倫理、そしてリスク社会の生をラディカルに問う、気鋭の哲学者による哲学の賭博。

目次

第1章 競馬の記号論(タカモト式とライプニッツ;競馬の経験論 ほか)
第2章 賭けることの論理―九鬼とドゥルーズ(偶然性と出来事の時間;出来事性の分類論 ほか)
第3章 賭けることの倫理―リスク社会と賭博(生きることの倫理;構造の無責任 ほか)
終章 賭博者たち(ドストエフスキー;一九九一年五月府中・二〇〇五年五月梅田 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Ecriture

7
リスク管理型社会は、自己の処しうる範疇を越えたものである責任が限りなく賭けに近いものであることを知りながら「自己責任」を倒錯的に主張するが、賭博者はリベラルな土台作りのための責任など感じずに計算不可能なものや負けを肯定する。賭博に倫理的いかがわしさを思う向きもあろうが、有限において無限に触れる私たちの生そのものが賭博であり跳躍である。「この今・このここ、この私」に交錯する神の「賽の一振り」を積極的に自己に引き受ける者こそが賭博者であり、彼らは「マイナーなものたち」の「密やかな反復」を見つめることができる。2013/01/18

Mayjufa

1
全編を通して、あまりにも格好良く心を震わせる多くの文章に出会え、(相変わらず)十全に理解できないながらに、生きることの深淵についてのイマージュを得られた。1章の最後のほうの、リベラル批判が痛快だった。終章で描かれる競馬場とその周辺の情景が、あまりにも美しくて、眩しくて、多くの届き得ないものを思って、自己の儚さと時間の残酷さに、涙が出そうになった。 なんで人は出会うのかなあと思った。たいてい、人生が交わるのはほんの一瞬で、その交点以外にはほとんど知り得ない。そのことが、しばしば、切ない。2020/10/05

保山ひャン

1
第1章は競馬の分析。タカモト式の予想とか面白い。第2章は九鬼周造の『偶然性の問題』を中心に。第3章はリスクと社会、フーコーなど。終章ではドストエフスキー、そしてやっぱり競馬に戻ってきた。生と賭博を関連づける論考だが、著者がとにかく好きなことを書きたおした感がある。そういえば、現代思想って、「賭け金」とか文中によく見るしなあ。2016/04/29

7ember

1
めちゃくちゃざっくりいうと、「遊戯」はよくて「リスク言説」が悪者って感じで、まあ予想通りのところに落ち着いたなというのが正直な読後感。でもニーチェ=ドゥルーズや九鬼の議論をわかりやすく交通整理してくれているので、このトピックの入門書としては悪くない感じ。競馬に関する第一章は、馬についてはディープインパクトの名前くらいしか知らないわたしが読んでも面白かった。2015/07/29

よこづな

1
面白いけど、ぺてん師だよねえ。2009/12/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/380393

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。