レモンをお金にかえる法―“経済学入門”の巻 (新装版)

個数:

レモンをお金にかえる法―“経済学入門”の巻 (新装版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月23日 13時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 1冊(ペ/高さ 21cm
  • 商品コード 9784309243412
  • NDC分類 330
  • Cコード C0033

出版社内容情報

コミカルな絵を楽しんでいるうちに、アッというまに生きた経済の仕組みがわかってしまう、大人も子供も一緒に楽しめる、すばらしい魔法の絵本!

【著者紹介】
L・アームストロング (アームストロング,L)
ニューヨーク市生まれ。著書に『レモンをお金にかえる法』『続 レモンをお金にかえる法』『戦争を平和にかえる法』(いずれも河出書房新社刊)。

B・バッソ (バッソ,B)
ブルックリン生まれ。手掛けた挿絵に『レモンをお金にかえる法』『続 レモンをお金にかえる法』『戦争を平和にかえる法』(河出書房新社刊)がある。

佐和 隆光 (サワ タカミツ)
和歌山県高野山生まれ。東京大学経済学部卒業、同学部助手を経て、京都大学教授。計量経済学、統計学専攻(経済学博士)。著書に『経済学の世界――アメリカと日本』『経済学とは何だろうか』など。

内容説明

レモネードの売店から、一歩もはなれずに、ルイズ・アームストロングは読者を、あっというまに経済学の世界に巻きこんでしまいます。レモンと砂糖と水を原料としてレモネードという製品をつくることにはじまり、市場価格、初期投資、資本貸付けから、さらには労働がわの不満に発する経営のつまずき、すなわちストライキ、ボイコットから交渉、調停へとすすみ、競争、価格戦争、利益の減少にまでいたります。さいごに、ヒロインの若い企業家は、合併をなしとげ、資産を流動化してから、すてきなバカンスをたのしみます。ルイズ・アームストロングのこっけいなようで的確なテキストと、ビル・バッソの痛快きわまる絵のドッキングに笑いころげているうちに、読者は経済学と私企業の重要な課題を学びとれるというしかけです。さあ、たのしい“べんきょう”の、はじまり、はじまり。

著者等紹介

アームストロング,ルイズ[アームストロング,ルイズ][Armstrong,Louise]
ニューヨーク市に生まれる。フレンズ・アカデミーやハンター大学付属高校など、いくつかの学校に通ったあと、パリで音楽を学ぶ。その後、週末にはマンハッタン島周遊船のツアーガイドをしながら、広告のコピーライターとして才能を発揮。彼女のガイドはとてもユニークで、乗客にとても人気があったとか。初めて書いた本は、『お子さまのためのフロイト入門』という愉快な本。ほかにも、若者や大人向けの数多くの著作がある

バッソ,ビル[バッソ,ビル][Basso,Bill]
ブルックリン育ち。工芸高校を卒業して、大学に一年在籍した後、イラストレーターの助手を4年務める。本業はイラストだが、漫画家としても活躍。現在はニュージャージー州に住む

佐和隆光[サワタカミツ]
本職の京都大学研究所所長のほかに、いくつかの政府審議会の委員を兼任。とくに環境と経済のかかわりについて、積極的な著述活動を繰り広げている。もともとは、数学・統計学を駆使する計量経済学を専門としてきたが、最近では、活動領域の幅を広げて、日本経済の現状と課題、グローバリゼーション、そして子供の経済教育などについても論陣を張っている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

やま

102
アメリカで誰でも小さいときに習う経済の流れを描いたものです。経済の仕組みをレモンと水、砂糖で作ったレモネードで、小中学生から大人まで分かりやすく、絵本で説明しています。多くの経済用語が、出てきますが、凄く簡単に、分かりやすく描いています。私は、知っていることをその項目ごとに説明することは得意ですが、このように簡単に、子供にも分かりやすく、経済の流れを説明した本は始めて見ました。本の大きさは、B5用紙の縦が少し短いぐらいの本です。字の大きさは…中。★★★★☆2021/08/26

えちぜんや よーた

99
主人公がはじめるレモネード屋さんの「出口戦略」とは、 ・「レモンを絞ってレモネードをつくること」 ・「レモネード店の社長になること」 のどちらでもありません。最終的には、 「レモネード店を売却して資産を換金すること」です。 和風な言い方をすると ・「丁稚(労働者)になること」 ・「出世して手代・番頭(管理職)になること」 を目標・目的にするのではなく、 「企業家として信用を得、さらに大きな資産を得られるようにすること」が、最終目標となっています。 2013/09/17

えちぜんや よーた

85
再読本。今の技術を持ってすればインターネット上で安価に「レモネード屋さんごっこ」ができるかもしれない。旧版も「新装版」も発行された当時であれば頑張っても紙の上やエクセルを使ったりして計算をするのが関の山だったが。WordPress+WooCommerceでネットショップを作り、PayPalで決済をし、freeeで複式簿記による記録をつければ大人でも子供でキッザニアができる(freeeがテスト環境で使えるのかどうかが問題ではあるが)。本の内容がバーチャルで体験できる時代が到来したような気がする。2018/01/04

みゃーこ

65
経済の用語や意味が子供にでもわかる。しかも面白い。傑作。2013/11/04

♪みどりpiyopiyo♪

49
以前読んだ本です。子供の頃から こーいう学びを、段階を踏んで身につけて行けたら良いですね ( ' ᵕ ' )

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/460798

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。