ジャカルタ・メソッド―反共産主義十字軍と世界をつくりかえた虐殺作戦

個数:

ジャカルタ・メソッド―反共産主義十字軍と世界をつくりかえた虐殺作戦

  • ウェブストアに50冊在庫がございます。(2022年07月02日 19時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 416p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309228495
  • NDC分類 224
  • Cコード C0022

出版社内容情報

冷戦下、東南アジアおよび南米諸国で続発した共産主義者大虐殺。その背後にあったCIAの作戦をめぐる、衝撃のドキュメント。

内容説明

1965年、インドネシア大虐殺。冷戦下に起きたこの事件の裏には、のちに第三世界の各地で展開された、米国政府のおそるべき共産主義者「絶滅」作戦があった。最新研究と取材によって明かされる、衝撃の歴史ドキュメント。

目次

あらたなアメリカの時代
独立インドネシア
目に物見せる―アンボン空爆
進歩のための同盟
ブラジルとその過去
九・三〇事件
大虐殺
世界のあらゆる場所で
ジャカルタが来る
北へ、北へ
俺たちはチャンピオン
彼らはいまどこに? そして私たちは?

著者等紹介

ベヴィンス,ヴィンセント[ベヴィンス,ヴィンセント] [Bevins,Vincent]
1984年、アメリカ・カリフォルニア生まれ。ジャーナリスト、著述家。2011年から16年までロサンゼルス・タイムズ紙の特派員として南米地域を担当。その後ワシントン・ポスト紙で東南アジアを取材し、1965年にインドネシアで起きた大虐殺が現代に与える影響に特別な関心を寄せる。ロレンツォ・ナタリ・メディア賞ほか、ジャーナリストとして複数の賞を受賞

竹田円[タケダマドカ]
翻訳家。東京大学大学院人文社会系研究科修士課程修了。スラヴ文学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。