ヤマトタケル 巫覡の王―たった一人の征討とは?

個数:

ヤマトタケル 巫覡の王―たった一人の征討とは?

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月16日 15時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 240p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309228365
  • NDC分類 210.3
  • Cコード C0021

出版社内容情報

古代史の謎、日本武尊。少数で異族を征圧した英雄なのか、それとも神話上の人物だったのか。その実態を明らかにする。

目次

第1章 ヤマトタケルの伝説と神社―全国各地に存在する不思議(全国各地に鎮座する「ヤマトタケル神社」;ヤマトタケルと武蔵国 ほか)
第2章 多重人格のヤマトタケル―創り上げられた英雄像(一つ目の人格=弥生のヤマトタケル―残忍な小碓命という嘘;二つ目の人格=女役・稚児であったヤマトタケル―南九州の稚児文化 ほか)
第3章 魔力の源―伝授された呪術・巫術(「名を隠す」という呪術;煉丹術 ほか)
第4章 ヤマトタケルと草薙剣―神器はいずこへ(「三種の神器」の意味について;十握剣 ほか)
第5章 ヤマトタケル、その死の伝説―なぜ、白鳥になったのか(消えた遺骸;スサノヲと呪術 ほか)

著者等紹介

戸矢学[トヤマナブ]
1953年、埼玉県生まれ。國學院大学文学部神道学科卒。古代史や神道に関する著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。