日本人のための中国共産党100年史―血みどろの権力闘争と覇権主義の実相

個数:

日本人のための中国共産党100年史―血みどろの権力闘争と覇権主義の実相

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2022年08月09日 23時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 232p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784309227979
  • NDC分類 312.22
  • Cコード C0022

出版社内容情報

香港・台湾問題、対米貿易摩擦で揺れる中国。習近平に至る中国共産党100年史を、「脱毛沢東の失敗の歴史」という観点から解読!

内容説明

GDP世界第2位の“超大国”となりながら、香港・台湾問題、対米貿易摩擦で大揺れの中国。その政権を握る中国共産党の歴史は、毛沢東の“呪縛”から脱し切れないジレンマの歴史でもある。一党独裁体制を貫き、周辺国との摩擦も辞さない党、そして、強権を露わにする習近平の視線の先にあるものとは―。

目次

1章 なぜ、共産党は内外の戦争を克服し、覇者になれたのか?
2章 なぜ、毛沢東が希求した「理想の国家建設」は挫折したのか?
3章 なぜ、毛沢東は「文革」を掲げて粛清と弾圧をくり返したのか?
4章 なぜ、〓小平は「脱・毛沢東」を果たせなかったのか?
5章 なぜ、江沢民と胡錦涛は中国を「超大国」に導けたのか?
6章 なぜ、習近平は個人独裁への道を驀進するのか?

著者等紹介

内藤博文[ナイトウヒロフミ]
1961年生まれ。大学卒業後、新書系の出版社に勤務。現在は、歴史、地理、世界と日本、文化、娯楽などの分野を得意とするライターとして精力的に執筆活動を行なう一方、地方で実業にも携わっている。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

金吾

16
○中国共産党の歩みを一つの視点からとらえています。大衆のことは考えず、党の維持・発展を重視し、党の中における権力闘争に力を注ぐのは歴代王朝も含め伝統なのだろうと思いました。参考になる話が多く面白かったです。2022/02/06

フンフン

4
著者は、中国でなぜ民主主義が根付かないかを「毛沢東が自国に刻んだトラウマ」ととらえている。だったら、毛沢東自身はなぜ恐怖の独裁制を選んだのかを解明しなくては、根本的解明とならない。ロシアも中国も歴代王朝すべて専制政治なのだ。歴史家はヘーゲルの『歴史哲学』を学ぶべきである。勝手に民主主義制度を他の国に移植しようとしても、なかなかうまく行かない実例をわれわれはイラク戦争後のイラクの歴史の中に現に見ているところである。結局、法に従うのでなく、「親分」に従うのが「アジア的」社会なのである。2020/09/21

タイガ

0
https://note.com/okasodayo047/n/nc22162a67e3e?magazine_key=m08beeaaed0472022/02/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14988839

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。