マリー・アントワネットの暗号―解読されたフェルセン伯爵との往復書簡

個数:
  • ポイントキャンペーン

マリー・アントワネットの暗号―解読されたフェルセン伯爵との往復書簡

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2019年03月24日 01時32分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 490p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309227351
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C0022

内容説明

うずまく陰謀、希望、憔悴、絶望―そして燃え尽きる最後の恋。最新技術を駆使した解読により、明らかになった、フランス革命という時代を生き抜こうとした王妃と同時代の人々の姿。

目次

第1章 書簡分析
第2章 失われた書簡(一七八〇‐八八年)
第3章 書簡
第4章 判読部分の写真

著者等紹介

ファー,エヴリン[ファー,エヴリン] [Farr,Evelyn]
ロンドン生まれ。ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンで英語・フランス語・イタリア語を専攻。1993年、18世紀小説についての論文『The world of Fanny Burney』で出版デビュー。現在も、マリー・アントワネットとフェルセンについての調査をフランス、スウェーデン各地にて継続中

ダコスタ吉村花子[ダコスタヨシムラハナコ]
翻訳家。明治学院大学文学部フランス文学科卒業。リモージュ大学歴史学DEA修了。18世紀フランスアンシャン・レジームを専門とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

暗号解読により、マリー・アントワネットと、最後の恋人とされるフェルセン伯爵との往復書簡の内容が明らかに。池田理代子氏推薦。

エブリン・ファー[ファー,E]
著・文・その他

ダコスタ 吉村花子[ダコスタ ヨシムラハナコ]
翻訳