猫づくし日本史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 112p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784309226941
  • NDC分類 210.1
  • Cコード C0021

出版社内容情報

遣唐使が連れてきて以来、日本人に愛され、絵や伝説、信仰の対象になった猫。歴史を彩った愛くるしい猫たちが勢揃いのビジュアル版!

武光 誠[タケミツ マコト]
1950年、山口県生まれ。東京大学文学部国史学科卒業。同大学院博士課程修了。現在、明治学院大学教授。専攻は日本古代史。歴史哲学。日本の思想・文化の研究に取り組む一方、広範な分野での執筆活動も行なう。

内容説明

猫はどうして「ねこ」と呼ばれるようになった?猫がまつられている山とは?狛猫や猫地蔵がおかれた寺社!女性と会うときに必ず猫を連れてきた人物とは?三毛猫のおすは昔から希少だった!猫の放し飼いは江戸時代から!オオカミの毛皮で猫の蚤をとる珍商売とは?など。

目次

第1章 日本にやってきた猫(古代~室町時代)(日本に猫がやってくる;仏典警備隊として活躍する猫 ほか)
第2章 綱から解き放たれた猫(江戸時代前期)(日光東照宮を飾る眠り猫;猫が解き放たれた江戸時代 ほか)
第3章 文化人を魅了した猫(江戸時代後期)(江戸庶民に親しまれた猫たち;猫の独白を記す葛飾北斎の絵 ほか)
第4章 神としてまつられた猫(近代~現代)(洋服、洋食と共に広がった洋猫;夏目漱石にヒット作を書かせた猫 ほか)

著者等紹介

武光誠[タケミツマコト]
1950年生まれ。東京大学人文系大学院国史学科博士課程修了。明治学院大学教授。文学博士。日本古代史・歴史哲学を専攻し、日本史全般から世界史まで幅広い歴史関係の執筆・研究に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。