• ポイントキャンペーン

日本の地名―由来のウソと真相

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 199p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309226279
  • NDC分類 291.034
  • Cコード C0025

出版社内容情報

ちまたでまことしやかに語られる地名の由来を徹底検証し、そのウソをあばく。独自の調査から、日本の地名に潜むドラマをひも解く書!

【著者紹介】
1941年、岡山県生まれ。京都大学文学部史学科(地理学)卒業。出版社勤務の後、編集・著述・評論活動に入る。「地名情報資料室・地名110番」主宰。著書に『この地名が危ない』(幻冬舎新書)などがある。

内容説明

地名の「通説の誤り」を指摘し、その成立過程を紐解けば知られざる日本の歴史も見えてくる。“問題な地名”を一刀両断する、意欲的な書!

目次

1章 北海道・東北の地名のウソと真相―「歯舞諸島」は、戦後GHQに改称された名前だった!
2章 関東の地名のウソと真相―「木更津」は、日本武尊神話の「君去らず」がルーツではない!
3章 中部地方の地名のウソと真相―「軽井沢」とは「水枯れが起こる地」と伝える名称だった!
4章 近畿地方の地名のウソと真相―「天橋立」という珍地名の謎を解く「沈島伝説」とは
5章 中国・四国地方の地名のウソと真相―本来「松島」と呼ばれた島はなぜ「竹島」と改称されたか
6章 九州・沖縄の地名のウソと真相―「知覧」とは台地の端に形成された凹凸地形が由来だった!

著者等紹介

楠原佑介[クスハラユウスケ]
1941年、岡山県生まれ。京都大学文学部史学科(地理学)卒業。出版社勤務の後、編集・著述・評論活動に入る。「地名情報資料室・地名110番」主宰、正しい地名復興運動世話人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Hiroki Nishizumi

2
面白かった。歯舞諸島の名は戦前には無かったこと。塩尻、岐阜、琵琶湖の本当の由来。浪速・難波や天橋立の背景。都城などなど奥が深いなぁ2015/07/15

星辺気楽

0
まあ、昔のことだから、一概にウソや真相と言っても・・・2020/03/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9650550

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。