支那派遣軍総司令官岡村寧次大将 (復刻新版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 356p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784309225760
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0021

内容説明

張作霖爆殺、満州事変、日中戦争、敗戦…元支那派遣軍参謀の著者が「岡村日記」を基に、日本が運命を賭した時代の深層に迫った力作を復刊。

目次

第1部 軍閥と諜報(中国に志して;諜報武官;蘇浙の戦雲;軍事顧問;蒋介石江南を制す)
第2部 動乱と戦争(張作霖爆殺善後策;満州事変;塘沽停戦協定;二・二六事件;中国に戦い終る)

著者等紹介

舩木繁[フナキシゲル]
1915年(大正4)東京生まれ。陸軍士官学校47期、陸軍大学校59期。終戦時、陸軍少佐、支那派遣軍参謀。1949年(昭和24)山一証券入社。1967年(昭和42)同社取締役西部地区長。のち関連会社役員、日本オートマチックマシン株式会社顧問を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。