ナチスの知識人部隊

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 534p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309225616
  • NDC分類 234.074
  • Cコード C0022

内容説明

頭脳明晰な大学出の若きエリートたちがなぜ数十万もの殺戮を犯したのか?ナチス親衛隊下の処刑部隊の指揮官として先頭に立った約80名の若者たちを詳細に分析した戦慄の研究。

目次

第1部 ドイツの若者たち(「敵の世界」;人脈の形成;知識人活動家)
第2部 ナチズムへの加入―ある政治参加(ナチスになる;SDに入る;闘争から監視へ)
第3部 ナチズムと暴力 絶頂期―一九三九~一九四五年(東を考える―ユートピアと恐怖のあいだ;戦争の説明書―ナチスのレトリック;暴力の実行 ほか)
終章 戦争の記憶、闘士的活動の記憶、ジェノサイドの記憶

著者等紹介

アングラオ,クリスティアン[アングラオ,クリスティアン][Ingrao,Christian]
現在もっとも期待されるフランスの若手歴史研究者のひとりで、専門はナチズムおよび戦争の現象全般。1990年代半ばから、シュトゥットガルト大学、ベルリンやワルシャワの研究機関、フランスではクレルモン=フェラン大学、パリ第4大学、アミアン大学、さらに現代史研究所(IHTP)などでナチスに関する研究をつづけており、その緻密で学際的な研究手法は高い評価を受けている。現在はCNRS(国立科学研究センター)研究員、IHTPの所長を務め、パリ政治学院でも教えている

吉田春美[ヨシダハルミ]
上智大学文学部史学科卒業。フランス文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。