雨の島

個数:
電子版価格 ¥2,640
  • 電書あり

雨の島

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年07月02日 19時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 249p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309208398
  • NDC分類 923.7
  • Cコード C0097

出版社内容情報

ごく近い未来を舞台に、ウイルスプログラム「裂け目」から送られる親しい人々の記憶と、台湾の自然をモチーフに描かれる6つの短篇。

内容説明

元神話学教授のチーズ職人の家に養子として迎えられた、難病のミミズ研究者の物語「闇夜、黒い大地と黒い山」。鳥の声を聴き取る自閉症の鳥類行動学者が、母の死をきっかけに聴力を失い、新たな言語を構築していく「人はいかにして言語を学ぶか」。植物状態にある恋人のツリークライマーに負い目を感じる主人公が、臨死体験を利用した治療法に身を委ねる「アイスシールドの森」。無差別殺人事件で妻を失った弁護士が、未完成の妻の小説に登場する絶滅種を追い求める「雲は高度二千メートルに」。海に惹きつけられた四人の男女が、絶滅したクロマグロを探す旅に出る「とこしえに受胎する女性」。中華商場で子どもたちを魅了した一羽の鷹と、その持ち主である叔父さんをめぐる追憶の物語「サシバ、ベンガル虎および七人の少年少女」。緩やかに連関しつつ紡がれる自然と人間の大いなる物語。現代台湾を代表する作家のネイチャーライティング・フィクション。

著者等紹介

呉明益[ウーミンイー]
1971年、台湾・台北生まれ。現代台湾を代表する小説家、エッセイスト。国立東華大学華文文学科教授。輔仁大学マスメディア学部卒業後、国立中央大学中国文学部で博士号取得。1997年、短篇集『本日公休』でデビュー。2011年に発表した長篇『複眼人』と短篇集『歩道橋の魔術師』で一躍脚光を浴び、世界的にも高い評価を得る。また、ネイチャーライティングでは、写真とイラストを交えたエッセイ『迷蝶誌』(2000)、『蝶道』(03)のほか、アンソロジーも編集する。現在、各国語で翻訳が進んでいる。受賞多数

及川茜[オイカワアカネ]
東京外国語大学大学院地域文化研究科博士後期課程単位取得退学。訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アナーキー靴下

84
タイトルから梅雨時期に読もうと思っていた一冊。6篇の短篇いずれも野性味溢れる自然が描かれているが、人間も、コンピューターウイルスでさえその一部に感じるシームレスな物語である。美しく描写された自然は愛着や投影ではなくメタファー。雪のように白く、血のように赤く、黒檀のように黒くと、願いを受けて生まれた白雪姫のように、メタファーそのものが鮮烈な輪郭を浮かび上がらせる。しかしここにはメタファーの対象、白雪姫のような実体を持つ存在はいないのだ。掴んだ瞬間に擦り抜け、形を変えてしまうもの。消えることのない力強い何か。2022/06/17

榊原 香織

66
連作短編 表紙や挿絵の植物画も作者。センス良い。 最期の話は台湾映画になりそうないい感じです。 他のはやや読みにくい。 主人公は理系の人々。 ネイチャーライティングという台湾独自?の今風分野らしい。2021/12/06

けんさん

30
『伊与原新 + 恒川光太郎 = 呉明益:えっ、マジ!!』 初読み台湾作家による、ミミズ、野鳥、森、雲豹、クロマグロ、鷹などを題材としたネイチャーライティング小説。自然科学に根ざした細かな描写と独特な世界観は、まるで、台湾版 伊与原新+恒川光太郎 かと思いました!2021/12/26

ykshzk

20
ここ数年でとても好きな作家の一人。各章に1枚、標本画家を志したこともあるという著者の絵が入っているのだが、それらも美しかった。六章の短編はそれぞれ独立しているがバラバラではない。時に荒々しい自然と、コンピュータウィルスの事件が全ての章で絡み合う。そして、地球が海の水と空気で繋がっているように、全体の章が呼応しているようだ。どの主人公も自分が自然の一部であると信じ、または自然と自分との境目が曖昧になる感覚を持っている、そんな感じを受ける。つまり傲慢とは真逆な感じがする。しかし著者の博識ぶりにはいつも感嘆。 2022/02/19

エル・トポ

16
6篇の短編が「鍵」と呼ばれるコンピュータ・ウィルスで繋がっていく。「鍵」を受け取った者は、近しい人間がクラウドに保存したデータにアクセスできる。近未来の台湾を舞台にしたネイチャー・ライティング(小説として書かれた物ではないらしい。驚く事に)であるのに、その描写は濃密で原始的な力強さに満ちている。登場人物が感情移入しにくい表現なのは意識的なもの?不思議な世界。これのオムニバス映画を見てみたい。著者による博物画が挿入されている。表紙・裏表紙の装丁も著者の作品。台湾ビエンナーレに出品された。2022/06/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18550232

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。