小説ムッソリーニ―世紀の落とし子〈上〉

個数:
電子版価格 ¥3,135
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

小説ムッソリーニ―世紀の落とし子〈上〉

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年11月27日 17時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 504p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309208343
  • NDC分類 973
  • Cコード C0097

出版社内容情報

イタリアの独裁者ムッソリーニを主人公として書かれたイタリア文学史上初めての小説。すでに国内だけで50万部のベストセラー。

内容説明

ファシズムの誕生。イタリア国内で50万部超売れ、世界40か国以上で翻訳されたベストセラー。イタリア最高峰の文学賞ストレーガ賞受賞作品!ファシズムの側から反ファシズムを描いた挑戦的な小説。

著者等紹介

スクラーティ,アントニオ[スクラーティ,アントニオ] [Scurati,Antonio]
1969年、ナポリ生まれ。現在はミラノのIULM大学で比較文学およびクリエイティブ・ライティングを教えている。2002年、ルネサンス期のイタリアを舞台とする歴史長篇小説で、デビュー作となる『闘争のくぐもった音』をミラノの大手出版社ボンピアーニから刊行する。2005年には、コロンバイン高校の銃乱射事件から着想を得た第2作『生き残り』で、ストレーガ賞と並ぶイタリアの有名な文学賞カンピエッロ賞を受賞する。その後も小説の発表を続け、2015年には『私たちの生涯の最良の時』(望月紀子訳、青土社、2020年)により、由緒ある文学賞ヴィアレッジョ賞を受賞。2018年刊行と同時にベストセラーになった『小説ムッソリーニ―世紀の落とし子』で、翌年にストレーガ賞を受賞

栗原俊秀[クリハラトシヒデ]
翻訳家。1983年生まれ。C.アバーテ『偉大なる時のモザイク』(未知谷)で、第2回須賀敦子翻訳賞、イタリア文化財文化活動省翻訳賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

171
イタリアのベストセラー、世界でも多く読まれているということで読みました。ムッソリーニは知っていますが、彼が主人公の小説は、初読です。上巻は一気読み、続いて下巻へ。トータルの感想は下巻読了後に。 https://web.kawade.co.jp/bungei/22539/2021/10/28

御庭番

3
なんだか、ぜーんぜん頭に入ってこない。 中高あたりで、ムッソリーニという名前は習ったしファシズムという言葉も知ってるけれど、上巻の時点ではこの人に魅力を感じることなく終了。 読んでてもわからなすぎて、イタリアで大ヒットしたのはイタリア人にとっては知ってる話だからなのか??と思ってしまう。【図書館で借りました】2021/10/22

lico

3
『暴力の種が実を結ぼうとしています。そう、暴力の果実が……いたるところで実ろうとしている……(377P)』ファシズムの伝記小説。上巻では1919年のファシズム運動の結成~1921年の議席獲得とファシスト党の結成までが描かれる。当時の社説や演説の引用が差し挟まれ何が起きていたかを詳細に描く一方で、登場人物たちが何を考えていたかは控えめに描写することで読者に考えながら読ませようとする気配りが感じられた。テロリストとの闘いを宣言する所などはどこかで聞いたことのあるような懐かしい響きで思わずニヤリとしてしまった。2021/08/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18201583

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。