Mトレイン

個数:

Mトレイン

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月20日 14時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 336p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309208114
  • NDC分類 767.8
  • Cコード C0098

出版社内容情報

最愛の夫や弟、ルー・リードなど友人の死。著者はジュネ、プラス、芥川、太宰の墓を巡りながら、“新たな生”の在処を探し求める……

内容説明

具体的な土地、そこで会った人々。経験したできごと。大切な死者たち、かれらとの思い出。自分が経験してきたさまざまな場所をたどりなおす、心の列車―。全米図書賞受賞作『ジャスト・キッズ』につづく、傑作回想録。

目次

(無について書くのは…)
カフェ・イーノ
チャンネルを変える
アニマル・クラッカーズ
蚤が血を吸う
豆の山
針のない時計
井戸
幸運の車輪
私はいかにしてねじまき鳥を失ったか
彼女の名はサンディ
ヴェッキア・ジマラ
「無」
嵐の空気の悪魔たち
アルフレート・ヴェーゲナーの夢
ララッシュへの道
覆われた地面
リンデンは彼女が愛しているものをいかに殺すか
失なわれたものたちの谷
正午という時刻
ポストスクリプト(あとがき)

著者等紹介

スミス,パティ[スミス,パティ] [Smith,Patti]
作家、パフォーマー、ヴィジュアルアーティスト。1970年代、詩とロックの革命的融合によって知られるようになる。12枚のアルバムを発表。『ホーセス』は「ローリングストーン」誌により、ベスト100デビューアルバムのひとつに選出された。1973年に初のドローイング展示をゴーサム・ブックマートで開催。1978年以来、ロバート・ミラー・ギャラリーに所属。著書として2010年に全米図書賞を受賞した『ジャスト・キッズ』のほか、『バベル』『ウールギャザリング』『コーラル・シーズ』『無垢の予兆』などがある。2005年、フランス文化省は「コマンドゥール・デ・ザール・エ・レットル」の称号を授与した。これはフランス共和国がアーティストに対して与える最高の栄誉。2007年、ロックンロール・ホール・オヴ・フェイムに殿堂入り。1980年、ミュージシャンのフレッド・ソニック・スミスとデトロイトで結婚。息子ジャクソンと娘ジェシーをもうけた。現在、ニューヨークシティ在住

管啓次郎[スガケイジロウ]
詩人、明治大学理工学部教授(批評理論研究室)。2010年、『斜線の旅』により読売文学賞受賞。2019年にはアメリカ比較文学会(ACLA)にて、「管啓次郎の仕事」と題するセミナーが開催された(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

くさてる

19
詩とロックを融合させた創作で知られる詩人でありパフォーマであり、作家のパティ・スミス。メイプルソープとの若き日々を書いた「ジャスト・キッズ」が印象的だったのだけど、66歳の現在を生きる本書も素晴らしかった。夢と、行きつけのカフェと、死んでしまった友人、作家、お気に入りの刑事ドラマと旅、猫、家族の思い出。幻想的と呼んでもいい夢の中を歩き続けるような文章はたまらなく美しい。村上春樹の作品にも言及し、日本を訪れ、太宰と芥川の墓を訪れるエピソードも良かった。おすすめです。2020/12/24

ズー

14
読んでいるとやたらにコーヒーが飲みたくなってくる。ずっとこの世界にいたいと思わせる、おだやかで刺激的な生活。え?ダメじゃない?ってこともちょいちょいやっているが、まぁ…パティだから許される?好きなものにとことん本気だから、それが集まってきている感じがある。2021/03/03

n_kurita

2
本もたくさん読んでいるが、めちゃくちゃドラマ好きなんだな…意外だ…しかも『キリング』好きだったのか…デンマーク版も観て… それは良いとして、なんてフットワークの軽い人なんだ。本とペンとコーヒーがあればどこへでも行けるんだ、この身軽さがかっこいい。 あとがきに続編出てると書いてあったが、日本でも出版されるんでしょうね???2023/12/17

TOMYTOMY

2
ハルキストなのかw 何か色々印象が変わる一冊。伝わる真面目さ2021/05/07

humdrum1977

1
久しぶりに良い読書をした。何年かしたら読み直す。パティ・スミスが刑事ドラマ好きなのは意外。2023/07/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16856597
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。