内なる町から来た話

個数:

内なる町から来た話

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月13日 12時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 219p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784309208039
  • NDC分類 726.5
  • Cコード C0097

出版社内容情報

上の階に住むワニ、空を覆い尽くす蝶の群れ。町にいる動物たちの25の物語。『遠い町から来た話』の姉妹編、著者待望の最新作!

内容説明

“人間を訴えたクマ”“カエルを救う秘書”“空の魚を釣り上げた兄弟”25話のセンス・オブ・ワンダー!世界三大児童書賞のひとつ、ケイト・グリーナウェイ賞2020年受賞作!

著者等紹介

タン,ショーン[タン,ショーン] [Tan,Shaun]
1974年、オーストラリア生まれ。幼い頃から絵を描くことが得意で、学生時代にはSF雑誌で活握。西オーストラリア大学では美術と英文学を修める。これまでに発表したいずれの作品も、卓越した内容と表現で評価が高く、オーストラリア児童図書賞ほか数々の賞を受賞。自身が監督した『ロスト・シング』で2010年のアカデミー短編アニメ賞受賞。『内なる町から来た話』は世界の三大児童書賞の一つ、ケイト・グリーナウェイ賞を受賞した

岸本佐知子[キシモトサチコ]
翻訳家。訳書の他、著書『ねにもつタイプ』(講談社エッセイ賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

303
ショーン・タン、3作目です。街に棲む多様な動物たちを巡る、シュールで不思議で懐かしい25の物語、堪能しました。絵も美しく大判でアート作品としても楽しめます。 http://www.artkarte.art/shauntan/2020/09/03

のっち♬

198
動物を題材にした25の物語。姉妹編『遠い町から来た話』と比べて文章表現にも重点を置き、シュールな油彩がオチとしてインパクトを残す。カエルになって赦され、クマに起訴される人間、動物から見たその有罪性は異質な視点で語られる「カバ」や最終章でより顕在化する。「トラ」や「肺魚」も人間の利己性を明解に描いていて手法がユニーク。一方で「イヌ」や「ネコ」は人間との絆が焦点で、「ブタ」や「オウム」も優しさがある。表紙の「ムーンフィッシュ」は出色の出来。人間の心を去らない純粋な好奇心は良くも悪くも様々な"特別"を生み出す。2022/06/07

けんとまん1007

150
これまで何冊もショーン・タンの作品を読んできた(観てきた)が、これは少し違う1冊。文章の量がかなりあって、一種のショート集でもある。登場してくる動物たちの在り様が、自分たち人間は何者なのかを問いかけているように思う。決して、明るい物語ではないが、それでいて、どこか希望も感じるのは自分だけだろうか?2020/11/08

seacalf

136
見応えたっぷり。ちひろ美術館で開催されていた『ショーン・タンの世界展』に足を運んだのはもう去年の話。原画を間近で見る機会から、1年以上経ってようやく手もとに。『セミ』のように人間社会と動物達のちょっと不気味で不思議な25の物語。どれも面白いが、とりわけタグボートという名の猫の話と、ムーンフィッシュの話、そして肺魚の話は秀逸。ぐいぐい読ませる。夜に見る夢、辻褄の合わないストーリーの夢を文章化したかのような摩訶不思議な世界を描いてくれるショーン・タン。彼を知っているだけで心のどこかに安心感を感じる。不思議だ。2020/11/26

美紀ちゃん

115
ショーン・タンの絵がとても好き。ミヒャエル・ゾーヴァを思い出す。 ムーンフィッシュがすごく素敵。犬の話も絵が泣ける。シャチも好き。絵が圧倒的。迫力も優しさも怖さも温かさもある絵。2020/12/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16284403

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。