チャーチルは語る

個数:
電子版価格 ¥4,378
  • 電書あり

チャーチルは語る

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年08月08日 22時00分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 618p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309207513
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C0098

内容説明

「絶対に屈してはならない。絶対に…」チャーチルの公式伝記作家による全200篇の「名言集・名演説集」決定版!発言の時代背景と解説を付し、あらゆる文献から集めた珠玉の言葉。言葉を最大の武器とし、演説の名手でもあったチャーチルの経験、考え、困難の足跡をたどる。

目次

第1章 一八七〇年代後半‐一九一三年 若き日々
第2章 一九一四‐一九一八年 第一次世界大戦
第3章 一九一九‐一九三八年 大戦間
第4章 一九三九‐一九四〇年 第二次世界大戦 前期
第5章 一九四一‐一九四五年 第二次世界大戦 後期
第6章 一九四六‐一九五九年 戦後

著者等紹介

ギルバート,マーティン[ギルバート,マーティン] [Gilbert,Martin]
イギリスの著名な歴史家で、チャーチルの公式伝記作家。2015年に没するまでに88冊の著書を残した。チャーチルの伝記6巻、チャーチルの伝記と関連の著作が多数ある

浅岡政子[アサオカマサコ]
東京生まれ。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

不屈の意志でヒトラー・ドイツとの戦いに勝利したチャーチルの生涯の演説と著作をまとめた決定版語録。時代順に精選された200篇。「絶対に屈してはならない。絶対に……」。チャーチルの公式伝記作家による全200篇の「名言集・名演説集」決定版! 発言の時代背景と解説を付し、あらゆる文献から集めた珠玉の言葉。言葉を最大の武器とし、演説の名手でもあったチャーチルの経験、考え、困難の足跡をたどる。

 チャーチルの少年時代の回想をはじめ、従軍記者時代に書いた新聞や雑誌の記事、選挙戦や議会などでの演説、2回の大戦の回顧録など、様々な文献から集められている。これを読むと、彼がどれほど大きな足跡を世界の歴史に残したかか、あらためて知ることができる。本書のように少年時代の回想から晩年の演説にいたるまでを網羅し、200篇もの原稿を年代順にまとめた作品は、日本では類がない。チャーチルは「言葉の力を知り尽くし、巧みに使いこなした」と、編者の序文に記されている。言葉はチャーチルの最大の武器だった。本書は、チャーチルの偉大な足跡を彼自身の言葉でたどる作品だと言える。

 1940年から1945年にイギリス戦時内閣の首相として国家を率い、第二次世界大戦を勝利へと導いたウィンストン・チャーチル。……チャーチルは演説の名手であり、数々の名言を残している。「血と労苦と涙と汗」「我々は海岸で戦い、敵の上陸地点で戦い……決して降伏しない」「絶対に屈してはならない。絶対に、絶対に、絶対に」「鉄のカーテンが降ろされた」などは、あまりにも有名であり、いまでも言及されることが多い。もちろん本書にもこれらの名言は記されているが、本書の特色は、こうした言葉が発せられた時代背景を読者が十分に把握し、演説や文章全体の流れの中でその意味をとらえられるように配慮されている点にある。――「訳者あとがき」より

マーティン・ギルバート[ギルバート,M]
編集

浅岡 政子[アサオカ マサコ]
翻訳

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件