無意味の祝祭

個数:

無意味の祝祭

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月18日 06時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 139p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309206721
  • NDC分類 953
  • Cコード C0097

出版社内容情報

無意味は人生の本質だと叫び、冗談の黄昏の時代を嘆く登場人物を中心に、現代の歴史や社会を徹底的に笑いのめす。仏で数十万部突破。

【著者紹介】
1929年、チェコ生まれ。「プラハの春」以降、国内で発禁となり、75年フランスに亡命。主な著書に『冗談』『笑いと忘却の書』『不滅』他。

内容説明

無意味は人生の本質だ。徹頭徹尾、不真面目に歴史、政治、社会風俗を笑いのめす!フランスで数十万部突破、30か国で翻訳のベストセラー。

著者等紹介

クンデラ,ミラン[クンデラ,ミラン] [Kundera,Milan]
チェコスロヴァキア生まれ。1975年よりフランスに住む

西永良成[ニシナガヨシナリ]
1944年富山県生まれ。東京外国語大学仏文科卒業。東京外国語大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

やいっち

78
シニカルなクンデラらしい作品。というか、1929年生まれのクンデラは、もう90歳を超えている。創作したのは数年前だから90歳前か。社会や政治どころか、文学に対してもシニカルになっているかと感じた。文学を達観しているわけじゃなかろうが、あの世に片足を突っ込んだ者は、どんな生々しいはずの事象に面しても、意味ある世の祝祭ではなく、この世に異邦人となってしまった、せいぜい諧謔に近い祝祭と捉えるしかなくなったということか。2020/05/28

キムチ27

54
薄い一冊なのに、「教養の海漂う至上の愉悦」を満喫させてくれたような良い読書時間だった。成熟したEU圏内の人間の香り・・なんてそんな肌触り。クンデラといえば「存在の・・」を映画と活字で触れ、軽いインパクトに打ちのめされた記憶がある。軽いからこそ、その存在は「耐えられない」といった独特にシニカルな視線。その流れに位置しているような手触りがこの作品。祝祭=賑やか、存在価値の重みと提示するのではなく、「無意味」とあえて銘することに依って自分の含めた小宇宙を祝福するする感慨にふける「思惟」・・凝縮された思惟!2015/12/27

めしいらず

50
タイトルと装丁が気に入って手に取った本。あの「存在の耐えられない軽さ」の著者とのこと。私たちは自分の意志で生を受けたのではない。親や祖国、性別も選べない。大事なものは何一つ自分で選んでいないという、その平凡で肝心な真理を忘れ、ついつい人生に意味を問い、様々な苦悩を背負い込んでいる。生きること、そこに存在することは、本質的には無意味。それなのに、意味を求めて楽しく生きる術を見失っている。胎内から生まれ出ると意味を失うヘソと同じ。もう生まれてしまった私たちは、もっと享楽的に生きていいんだ。2015/05/05

Nobuko Hashimoto

27
良く言えば削ぎ落とされ洗練された、しかし、チェコ時代の作品に惹かれる読者としては物足りない作品。クンデラといえば、歴史や国家や社会と個人の人生の関わり方を考え抜いた哲学的考察、登場人物の内面をこれでもかというくらい分析するところ、実験的な入り組んだ構成へのこだわりが面白かったが、この作品では、そういう深さや悩み、実験的な性格は薄れている。この作品は、壮年期の迷いや悩み、苦しみから脱した老年期のクンデラが投影されていると思う。もはや生々しい葛藤の渦中ではない人の書く小粋さを楽しむ小品と感じた。2017/04/01

かもめ通信

24
全編を貫くストーリーらしいものはなく、それとはっきり解る形で社会問題を扱うわけでも登場人物たちの苦痛や苦悩を描くというわけでもない。皮肉たっぷりに語られる一つ一つの出来事は、あれこれ考えるのが馬鹿馬鹿しいぐらいなのだが、それでもそれら一つ一つに思わずフッと笑ってしまうなにかが仕込まれている。とはいえフランスで数十万部突破、30カ国で翻訳されたベストセラーというこの本、読み終えた後もこの本にこめられたものを充分味わい尽くしたという気がしなかった。 “無意味を愛する”には、私、まだまだ修行が足りなさそう。 2015/06/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9432562

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。