乳しぼり娘とゴミの丘のおとぎ噺

個数:

乳しぼり娘とゴミの丘のおとぎ噺

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 193p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309206554
  • NDC分類 929.573
  • Cコード C0097

著者等紹介

テキン,ラティフェ[テキン,ラティフェ] [Tekin,Latife]
1957年、トルコの中央アナトリア地方、カイセリ県の農家に生まれる。9歳のとき家族でイスタンブルに移住。高校卒業後、公務員として働いたのち、1983年『愛すべき恥知らずの死』で作家デビュー。翌年、『乳しぼり娘とゴミの丘のおとぎ噺』を発表し、作家としての地位を確立する。その後現在までに8篇の長篇小説を発表、マジック・リアリズムの手法で、失業や貧困、ディアスポラやフェミニズムの問題などを扱い、ノーベル賞作家オルハン・パムクと並んで、現代中東文学を代表する作家として世界的に注目されている

宮下遼[ミヤシタリョウ]
1981年東京都生まれ。東京外国語大学トルコ語学科卒業。東京大学大学院総合文化研究科博士課程を単位修得退学。のち同大学院にて博士号取得。現在、大阪大学言語文化研究科言語社会専攻トルコ語科助教(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

トルコ版『百年の孤独』といわれる傑作。郊外のゴミ処理場に住み着く人々と、彼らが創りあげる幻想的でグロテスクな異界の物語。

【著者紹介】
1957年トルコのカイセリ県生まれ。83年『愛すべき恥知らずの死』でデビュー。84年発表の本作で作家としての名声を確たるものとする。『森に死はないらしい』『助け人』他。映画の脚本家としても活躍。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件