ランサローテ島

個数:

ランサローテ島

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2019年04月23日 15時54分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 78p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309206516
  • NDC分類 953
  • Cコード C0097

内容説明

カナリア諸島のランサローテ島。地震と火山の噴火によって破壊された荒涼たる大地。赤、黒、薄紫の岩場に生える奇妙な形状のサボテン群。20世紀最後の年の1月、4人の男女がそこで出会う。自由とカルトをめぐる物語。著者撮影の写真83点収録。

著者等紹介

ウエルベック,ミシェル[ウエルベック,ミシェル] [Houellebecq,Michel]
1957年生まれ。怪奇幻想作家ラヴクラフトをめぐるエッセーでデビューし、小説『闘争領域の拡大』(94)で注目される。続く長篇『素粒子』(98)が大ベストセラーとなり、世界30か国以上で翻訳・映画化される。現代社会における自由の幻想への痛烈な批判と、欲望と現実の間で引き裂かれる人間の矛盾を真正面から描きつづける、現代フランスを代表する作家。『地図と領土』(10)でゴンクール賞受賞。音楽や映画などジャンルを超えて活動している

野崎歓[ノザキカン]
1959年新潟県生まれ。フランス文学者、翻訳家、映画・文芸評論。東京大学大学院人文社会系研究科教授。著書に『ジャン・ルノワール越境する映画』(サントリー学芸賞)、『赤ちゃん教育』(講談社エッセイ賞)、『異邦の香り―ネルヴァル『東方紀行』論』(読売文学賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

カナリア諸島のリゾートで過ごす快楽の一週間。現代の自由とカルトをめぐる物語。荒涼たる島を著者自身が撮影した写真80点も収録。

【著者紹介】
1958年生まれ。現代フランスを代表する作家。長篇『素粒子』がセンセーションを巻き起こし、世界各国で翻訳される。ほかに『闘争領域の拡大』『ある島の可能性』など。最新作『地図と領土』でゴンクール賞受賞。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件