黄金の少年、エメラルドの少女

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 262p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309205991
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

代理母問題を扱った衝撃の話題作「獄」、心を閉ざした40代の独身女性の追憶「優しさ」、愛と孤独を静かに描く表題作など珠玉の9篇。O・ヘンリー賞受賞作2篇収録。

著者等紹介

リー,イーユン[リー,イーユン][Li,Yiyun]
1972年北京生まれ。北京大学卒業後に渡米、アイオワ大学大学院で免疫学の修士課程を終えた後に方向転換し、同大学の創作科に入学して英語で執筆するようになる。2005年に発表した短篇集『千年の祈り』で、フランク・オコナー国際短篇賞、PEN/ヘミングウェイ賞、ガーディアン新人賞などを受賞。現在はカリフォルニア大学デービス校で創作を教えながら執筆を続けている。文芸誌『ア・パブリック・スペース』の寄稿編集者の一人でもある。夫と二人の息子とともに、カリフォルニア州オークランドに暮らす

篠森ゆりこ[シノモリユリコ]
翻訳家。金沢生まれ。出版社勤務をへて渡米、ミルズ・カレッジ英米文学修士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

94
中編小説と言うべき、「優しさ」が突き刺さる。誰にも心を開かずに本の世界のみに素直になれる生き方は私も似たり寄ったりだから痛い所を突かれた感じがする。杉教授が主人公に「あなたは自分と同族だから処世術も私のようにすべき」と教えなければ、彼女は魏中尉と仲良くなれたかもしれない。でも、もし、そうなれたとしてもそれは主人公にとって「自分らしい」選択だったのか、考えてしまうのだ。「獄」は何処かで読んだことがあるな、と思っていたらyom yomで掲載されていた事を思い出しました。歳を取ってから読んだ時の方がしっくりくる2017/11/27

アン

87
人民解放軍での生活を回想する女性教師、娘を事故で失い代理母に子供を産ませる覚悟をする夫婦、死刑宣告された夫の妻などを家に住まわせる女店主…。原題は、中国語の「金童玉女」を英語に直訳したものであり、教え子と息子、二人に結婚を勧める母親、この三人の関係性を繊細に描き、もの悲しくも美しい余韻を残します。リーは自分の作品は、ある作品に語りかけていると述べ、人間性の謎に関心を抱き、他者を真摯に見つめる姿勢は一貫しているようです。冷徹さの中に覗く仄かな光を求めて、私も登場人物達と対話をしている気がします。 2019/08/14

キジネコ

47
ウイリアム・トレヴァーを発見し彼女は作家になりたいと思ったそうです。私は彼女を発見し、トレヴァーを発見した彼女の様に作家になりたいと思っている自分自身に驚いています。実に大それた話です。人生には予想も付かない不思議が起きるものだ・・と、可笑しく感じています。中国というカオスを視野に据え 彼女は市井の有触れた希望と夢の日常の物語を描き、不安や孤独を対置させ心情の陰影に音楽を添え、読者へ極めて個人的な対話、を仕掛けてきます。柔らかな指の感触、温もり、匂い立つ肌、影を揺らす風と光、降り続く雨音と声まで感じます。2015/08/22

mt

35
唯一中篇の「優しさ」が印象に残った。主人公は41歳の1人暮らしの女性で、23年前の軍隊時代を回顧する。今も軍隊時代も陰に籠り孤独を通している。対して、誰からも仲間になりたいと思わせる人気者の友人。共通点はあるのに、自然に自分をさらけ出せる友人と、意識して人を近づけない彼女の将来は対極の進路をとる。出会った誰をも覚え、人からもらった優しさは忘れないという彼女には、その生きざまと矛盾を感じると同時に、深く長い悲しみの色が滲んでいるように思えた。続く8作は短篇だが、閉塞感が強く、読むのがつらかった。2016/07/23

マリカ

26
「この世のことで言うことは何もない」:作家の登場人物1人1人の心の襞に徹底して寄り添う姿勢が、彼らが言葉にしない思い、沈黙の重みを読者に伝えているように思います。特に「優しさ」と「獄」がよかったです。あとがきによると、イーユン・リーの作品はウィリアム・トレヴァーの作品と対話しているとのこと。それを踏まえてトレヴァーの作品を読み返してみたいです。2012/09/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5133512

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。