バチカン・シークレット―教皇庁の秘められた二十世紀史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 354p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309205434
  • NDC分類 198.2
  • Cコード C0098

内容説明

バチカン市国はなぜムッソリーニによって創られたのか?ナチのユダヤ人大虐殺に対してピオ12世はなぜ沈黙を守ったのか?トリノの聖骸布はなぜいまだに謎なのか?聖母マリアはファティマ第3の秘密で何を伝えたのか?20世紀のバチカンを震撼させた重大な出来事の真相が明らかに。教皇庁を揺るがした17の重大事件。

目次

教皇対ソビエト―ピオ十一世はどのようにしてボリシェビキに対抗しようとしたか
「教皇万歳!統領万歳!」―バチカン市国はなぜムッソリーニによって建国されたか
出されなかった回勅―教皇が人種主義と反ユダヤ主義を非難しそこなったとき
ピオ十二世の沈黙―戦時中の教皇に対して、われわれはなにを非難できるのか
フィナリー事件―教皇とユダヤ人が戦争孤児を奪い合うとき
労働司祭の悲劇―ピオ十二世はなぜプロレタリアの世界とのつながりを断ったか
公会議への道のり―第二バチカン公会議はいかにして開催にこぎつけたか
ピル、あと一歩のところで…―カトリック教会はいかにして避妊を認めそこなったか
無益な分裂―ルフェーブル事件で本当に教会は分裂したのか
「ほほ笑みの教皇」の死―ヨハネ・パウロ一世の不可解な死をめぐる驚くべき真実〔ほか〕

著者等紹介

ルコント,ベルナール[ルコント,ベルナール][Lecomte,Bernard]
フランスのジャーナリスト。カトリック系日刊紙『ラ・クロワ』の記者を経て、『レクスプレス』誌の特派員、『フィガロ・マガジン』誌の編集長を務めた。バチカンと旧東側諸国の問題にくわしく、教皇の伝記や旧ソ連関連の著作を発表するいっぽう、教会関係者との対談やインタビューを本にまとめるなど、宗教専門家として多方面で活躍している。ポケット版で1000ページ近い大著『ヨハネ・パウロ2世』は、先代教皇の伝記の決定版として高い評価を得ている

吉田春美[ヨシダハルミ]
上智大学文学部史学科卒業。フランス文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件