• ポイントキャンペーン

戦場から生きのびて―ぼくは少年兵士だった

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 338p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309204864
  • NDC分類 936
  • Cコード C0098

出版社内容情報

「いつも殺すか殺されるかだった……」。普通の12歳の少年が15歳まで激しい内戦を兵士として闘わされ、ユニセフに救われて立ち直るまでの衝撃の体験を生々しくつづった「感動の物語」。
黒柳徹子さん推薦! 世界的ベストセラー!

内容説明

12歳から15歳まで激しい内戦を闘った少年兵士が、立ち直るまでの衝撃の体験を世界で初めてつづった感動の物語。

著者等紹介

ベア,イシメール[ベア,イシメール][Beah,Ishmael]
1980年、世界でもっとも平均寿命が短いといわれるアフリカ西部のシエラレオネに生まれる。1993年、12歳の時に内戦に巻き込まれ、政府軍の少年兵士として前線での激しい戦闘に参加させられる。1996年、国連のユニセフに救助され、リハビリ・センターを経て、ニューヨークの国連に呼ばれ、「第1回国際子ども会議」で故国の惨状と子どもの人権を訴える演説をする。シエラレオネ帰国後にふたたび内戦が激しくなり、ひとり国を脱出する。1998年にアメリカに移住し、ニューヨークの国連インターナショナルスクールで2年間学んだのち、オバーリン大学に進学して政治学を専攻し、卒業した。現在は、アメリカの国際人権NGOである「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」子どもの権利部諮問委員会のメンバーとして活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かいゆう

34
著者イシメール・ベアは、12歳の時シエラレオネの内戦に巻き込まれ少年兵となった。ある日突然、村が反乱兵に襲われ、逃げ惑う先々でも残虐な現場を何度も目の当たりにする。家族を殺害された事への復讐心、孤独感、飢え、逃げ場所も無い…12歳の少年が生きていくために他に道は無かった。驚いたのは、彼が政府軍の少年兵だった事だ。政府軍は、反乱軍から国民や国を守る存在ではないのか?政府軍のやっている事は反乱軍と同じだった。ドラッグ漬けでどんどん人間性を失っていく。戦争にあるのは悲惨さだけ。戦争は問題を何も解決しない。2016/03/21

Willie the Wildcat

28
生きる・・・。そのために、唯一の自由である”思考”も停止。文化、価値観の喪失。著者の心境の変化が生々しい。少年であるが故の喜びと痛み、そして希望と挫折。人間の根底の「善心」。信じる、そして寄り添う。一方、友人アルハジの戦場復帰。単に”運命”という単語で片付けてしまうのは哀しすぎる・・・。子供は人類の宝!ラップを楽しみ、そして月の風情を味わう著者が印象に残る。世界一平均寿命が短い国、シエラレオネ。知識不足を痛感。2013/02/05

カザリ

27
感想→http://hagananae.hatenablog.com/entry/2016/08/21/0738102016/08/21

さく

24
少年は、12歳の時に内戦に巻き込まれ、友人と悲惨な戦場を逃げまどい、ようやく家族に会えると思った矢先に村を焼かれ家族を失う。民間人を襲うあまりの残虐さに言葉が出ない。生きるためには戦うしかなく、少年は政府軍の少年兵になる。銃を持つことを怯えていた少年が、薬漬けにされ、喜んで捕虜を殺すようになっていくのが悲しかった。リハビリセンターに送り込まれた少年たちが、そこでも殺し合いを始めたこともショックだった。それでも、彼らが社会復帰できると信じて諦めなかったセンターの職員のことは本当に尊敬する。読んで良かった。2018/06/26

きーみん

12
圧倒的な戦争という現実を垣間見れる。作者は戦場から生きのびはしたが、今でも、戦争の記憶や元兵士だったから危険だという偏見と戦っているのではと思う。素直な心情の吐露、坦々とした状況分析、「ああ、全てがほんの10年ばかり前に実際にあった事なんだな」とわかる。苦しい!悔しい!こんな戦争で誰が得をしてたの!国家は歴史に学ばないから、どんな国でも「絶対に戦争は起きない」とは言えないと思う。目を覆いたくなるような記述も、「戦争は絶対にいけない」と強く理解する為には必要なんだと感じた。でも辛いなぁ。ベア氏が、味わった辛2010/08/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/63065

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。