Modern & classic
ブラック・ヴィーナス

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 197p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309204055
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

ボードレールの愛人、狼少女、手斧殺人のリジー・ボーデン…実話をもとに、文明や社会の禁忌を軽やかに越えて生きる女性たちの姿を豊かなイメージで描き出す。マジック・リアリズムの旗手の自選短編集。

著者等紹介

カーター,アンジェラ[カーター,アンジェラ][Carter,Angela]
1940年、英国南部サセックス州イーストボーンに生まれる。ロンドンで情報誌の記者などを経験したのち結婚。その後ブリストル大学で中世文学を学ぶ。1966年に第一作の『シャドウ・ダンス』を発表、翌年、第二作『魔法の玩具店』でジョン・ルーウェリン・リース賞受賞。1968年、第三作の『感じたこと』でサマセット・モーム賞受賞、その賞金で二年間日本に滞在。創作活動は文学の多種多様なジャンルにわたっており、詩、小説をはじめとして、民話や伝説の書きかえ、劇や映画、ラジオ、テレビの脚本、創作オペラへのアプローチにまで及び、さらにこれらを融合したような創作も試みている。1984年には『夜ごとのサーカス』を発表、そして1991年『ワイズ・チルドレン』を刊行後、健康を害し、翌1992年に死去した

植松みどり[ウエマツミドリ]
津田塾大学大学院博士課程満期退学。1992年より和洋女子大学人文学部英文学科教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。