サラ・ベルナール―運命を誘惑するひとみ (新装版)

サラ・ベルナール―運命を誘惑するひとみ (新装版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 311p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309203126
  • NDC分類 953
  • Cコード C0097

内容説明

プルースト、ワイルド、ミュシャ…数々の芸術家をも魅了した、大女優サラ・ベルナール。彼女は「神秘の窓」と謳われたひとみと「黄金の声」で、「フェードル」から「椿姫」まであらゆる役をこなし、世紀末からベル・エポックまで長期にわたり、世界的な名声を欲しいままにした。人並みはずれた豪奢な生活、そして恋愛偏歴―スキャンダラスな伝説を身にまとい、不幸なき栄光の道をひたすら走りつづけた彼女の本当の素顔とは?サラの華麗な生涯にサガンの熱い夢を託した、架空の往復書簡による伝記ロマン。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しーふぉ

23
ミュシャのことを書いてある本には必ず出てくる名前、サラ・ベルナールをフランソワーズ・サガンが書いている。架空の書簡のやり取りといった形式。女優として有名なサラ・ベルナールですが、スターとして美術家や作家を虜にする。サラ・ベルナールを一生演じていたようにも思えた。2018/07/24

逢日

2
フランスの伝説的女優サラベルナール。大好きなサガンが書いてる!と、勇んで手に取ったが、往復書簡の形を取っていて、やや感情移入しにくい。普通の伝記の方が読みやすかったなーと思う。2021/02/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1524688

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。