山旅犬のナツ

個数:

山旅犬のナツ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月20日 15時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 96p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784309031545
  • NDC分類 645.6
  • Cコード C0095

内容説明

狩猟、沢釣り、雪山、古民家での自力生活…犬と登山家は今日も旅する。

目次

ナツとの出会い
幼犬時代
ナツの狩猟
ナツの登山
長万部の鹿
ナツの大ケガ
横浜のナツ
犬のしあわせ
山旅犬の育て方

著者等紹介

服部文祥[ハットリブンショウ]
1969年生まれ。登山家、作家。大学時代に登山を始め、カラコルムにある世界第二の高峰K2に登頂。日本では剱岳や黒部で冬期初登攀を記録。やがて食糧を現地調達する「サバイバル登山」に傾倒。現在は、生活の拠点を廃村の古民家に移し、狩猟、畑作の生活を送る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

166
表紙写真に魅かれて読みました。服部 文祥、初読です。 山旅犬なしでは、冒険的に登山は難しいかも知れません。しかしどうして犬は、ここまで人間に忠実になれるのでしょうか❓🐕🐕🐕 https://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309031545/2023/11/06

マリリン

41
表紙のナツの視線から、全てわかっていると言いたそうな賢さが伝わってくる。北海道で生まれた野良犬のナツを迎え入れ山旅犬に育てる過程を綴ったエッセイ。犬も車酔いするのかと知り、車での移動は慣れさせるためとはいえさすがに可哀そうになった。お金もキャッシュカードも持たず、狩りをしながら旅をする...想像できないけど、服部さんらしいスタイル。旅することをナツはどう感じているのだろうか? 偶然旅の途中でナツがいなくなってしまった事を知った。2024/02/03

たまきら

40
今時北海道でも珍しい野良犬ーそんな孤高の母を持つナツと、登山家の7年間がつづられた本です。ふふふ、男のロマンのかたまりみたいな作者がいかに使役犬を熱く語ろうとも、この人は犬を使いこなせていないことは写真を見ればわかります。彼女は愛されているパートナーとして作者さんと一緒にいるんじゃないのかなあ。私個人は使役犬=虐待とは思っていませんが、彼が犬を殴る描写は虐待だと感じました。人を噛まないようにするしつけが「人と会わないようにする」というのはどうなんだろ。2024/01/10

roatsu

17
服部家の愛犬ナツの歩みを披露する写真満載のエッセイ。シンプルに愛犬がいる暮らしの素晴らしさ、そして何とも愛くるしいナツの躍動に胸が一杯になる本。山旅犬として育て共に山野を歩む文祥さんの巻末に綴られる哲学には深く首肯させられる。やはり浅はかなエゴで座敷犬を山に連れ出す凡百とは大きく異なる。認識と覚悟が。そして多くの人間はそうはなれないだろう、とも。そんな小難しい点はさておいて、単純にナツにめろめろのご主人としての愛情が溢れる可愛らしくまた切ない愛犬グラフィティでもある。犬と暮らせてよかったですね、と(^^)2023/11/14

やっちゃん

11
服部文祥にしては珍しくフォトエッセイ。これを読むと現代の家の中に閉じ込める飼い方に疑問が沸いてくる。人間でもペットでも彼らの持つ本能や能力を発揮できる場所を与えてあげるのがいちばんの幸せではないかと。阿蘇でナツちゃんが見つかってよかったな。2024/05/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21597749
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。