これはちゃうか

個数:
電子版価格
¥1,540
  • 電書あり

これはちゃうか

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月22日 04時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 192p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309030814
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

Aマッソ加納愛子、初の小説集!「文藝」掲載の短編「イトコ」「最終日」「宵」「ファシマーラの女」に、「了見の餅」「カーテンの頃」を加えた全6篇の作品集。

著者情報
1989年、大阪府生まれ。2010年、幼馴染の村上愛とお笑いコンビ「Aマッソ」を結成する。ネタ作り担当。著書『イルカも泳ぐわい。』

内容説明

「了見の餅」同じアパートに住む友人が元気ないっぽい。「イトコ」イトコという存在の不思議についてバズり記事書きたい。「最終日」美術展の最終日に駆け込んでマウントとってくる奴。「宵」映画研究会の言い伝え、〆切間近になると現れる怪奇。「ファシマーラの女」駅がいっぱい生えてくる変な町で。「カーテンの頃」失った両親の友人“にしもん”と二人暮らし。ちゃうか?ちゃうことないか?全6篇の陽気な短編集。

著者等紹介

加納愛子[カノウアイコ]
1989年、大阪府生まれ。2010年に幼馴染の村上愛とお笑いコンビ「Aマッソ」を結成。ネタ作りを担当している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

やっさん

117
★★★★ キラキラ女子を斜め上から斬りまくる「最終日」も、異国の謎設定の中で淡々と進行する「ファシマーラの女」も、Aマッソの世界観そのものだった。純文学に寄せた〝イキった〟感じの文体に、加納さんの本気が見える。2023/04/13

ネギっ子gen

60
【本当は、本当なら、毎日すましていたい。欲望に突き動かされるように取る行動もすべて自分の中に内包したかった】全6篇を収録した「Aマッソ」加納愛子の初の小説集。ちゃうどころか、ごっつええ感じやねん。こんなン好きや。『了見の餅』なんかもう題名からして秀逸やもん。でもって冒頭が、<お湯が沸き立つくすんだステンレスの片手鍋に、残っていた最後の切り餅2つを入れた時、濁流の川に魚を還す時のような微かな罪悪感が訪れた。しかしそんなものはほんの一瞬のことで、私の元を去った罪悪感は>と。なんとも味のある書き出しやねぇ……⇒2024/01/29

TATA

32
Aマッソという人たちを全く知らない。家族が読んでいたので手に取ったけど、これは芸人さんとしての彼女を知ってると共感できる部類の作品なのかなという印象。文章も独特で、日常の出来事にあれこれと言葉を飾って表現する。それも少し奇抜で奇矯な言葉を使って。それに共感できるなら面白く読めるのだろうけど、小説の形態では尚更最後まで入りこめなかった。2024/02/23

gtn

31
「イトコ」の一篇。そこに着眼するセンスがいい。血縁関係があるのに距離がある。親子、兄弟ほどの深さはないが、友達以上の関係だと信じたい著者。ちなみに、私は子供の頃、イトコは肉親だったが、時が経つにつれ、他人になった。肉親だと親に刷り込まれていたことに気が付いた。2022/12/04

ぜんこう

20
Aマッソの加納愛子さんの短編が6編。映像作品が知らぬ間に消滅する「宵」とか、鉄道駅が生えてくる(?)「ファシマーラの女」とかが好き…三崎亜記さんみたいやからかも😉 ただ他のはちょっと入り込めなかったり、できたらAマッソのネタとして加納さんの喋りのほうが楽しめるかもなぁ、というのも。2023/04/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20398203
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。