くるまの娘

個数:
電子版価格
¥1,650
  • 電書あり
  • 動画あり

くるまの娘

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年06月13日 12時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 157p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309030357
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報


【紀伊國屋書店チャンネル】

家族のままならなさの根源にあるものを引きずり出す、思い出の車中泊の旅。『推し、燃ゆ』に続く、奇跡とも呼ぶべき傑作の誕生。

内容説明

車で祖母の葬儀に向かう、17歳のかんこたち一家。思い出の景色や、車中泊の密なる空気が、家族のままならなさの根源にあるものを引きずりだしていく。

著者等紹介

宇佐見りん[ウサミリン]
1999年生まれ、神奈川県出身。2019年『かか』で第五六回文藝賞を受賞しデビュー。同作は第三三回三島由紀夫賞を受賞した。21年、第二作『推し、燃ゆ』で第一六四回芥川龍之介賞を受賞。五〇万部を超えるベストセラーとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

572
家族小説のスタイルをとる。もっとも、いわゆる健全なそれではなく、かなり危うく崩壊の予兆を随所に秘めている。とりわけ、脳梗塞の後遺症を抱える母は常に起爆剤と成りうる存在であるし、兄も弟も既に家を出ている。そんな家族であるが、父方の祖母の葬儀が、父親を含めて彼らを再び集合させる。父親と母親とはそれぞれに(全く別個に)、失われた家族の再生を願っている。かんこ(主人公)を含め、子どもたちは、もうとっくに家族としての紐帯を諦めているように見える。かんこの日常は戻ったかにも見えるが、彼女の生活空間はずっと車の中。⇒2023/03/03

starbro

421
宇佐見 りん、3作目です。ドライブ ファミリー カー、車の中の家族の群像劇、これはこれで好いですが、前二作に比べるとインパクトに欠けます。 https://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309030357/2022/05/28

さてさて

404
『この車に乗って、どこまでも駆け抜けていきたかった』という主人公の かんこ。そんな かんこは壊れかけている『家族』の中にそれでも留まるという決意と共に毎日を過ごしていました。そんな かんこたち『家族』が、苦しみ、もがきながらも一歩前に踏み出す未来を感じさせるこの作品。『家族』のそれぞれの想いをリアルに描き出していくこの作品。極めて読みやすい文章の中に、物語の場面が目の前にふっと浮かび上がるような印象的な描写の数々と共に、『家族』をテーマにした小説群の中に新たな名作が誕生したのを感じた素晴らしい作品でした。2022/05/14

いっち

327
著者の作品が、同じような主人公(女子学生)、病気(発達、精神障害)、物語(家族崩壊)で、最初は「またこれか」と思った。読み終わったとき、少し違った。母は精神的におかしく、父は怒鳴りつける。兄は家を出て結婚し、弟は祖父母の家に住む。周りの大人は逃げろと言う。主人公も今の環境を「どうしようもない地獄」と、良いと思ってない。だが家を出ない。逃げたくても逃げられないということではない。背負って、地獄を抜け出したかったと言う。共感はできないが、劣悪な家庭環境から逃げたいわけではない感覚を言語化している点が良かった。2022/10/30

まちゃ

312
どんな経験したら、こんな視点の物語を書けるのかに興味が湧きました。宇佐美りんさんは、良いとか、悪いとか、面白いとか、面白くないとか、とは別次元の稀有な作家なんでしょうね。家族だから言ってしまうこと、言ってはいけないことがあると、あらためて考えさせられる物語でした。2022/06/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19543784
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。