ハチワレ猫ぽんたと過ごした1114日

個数:
電子版価格 ¥1,782
  • 電書あり

ハチワレ猫ぽんたと過ごした1114日

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月04日 14時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 196p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309030173
  • NDC分類 645.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

人なつこい野良猫を飼うことに。可愛い彼は腎臓が弱かった。食べ物、薬、通院、そして看取り。初めて動物と暮らしたひとの愛情物語。

内容説明

野良猫との出会いが、人を変えた。人との出会いが、野良猫を変えた。この出会いは、平凡だけれど奇跡的!ウェブサイト“sippo”好評連載エッセイ「猫はニャーとは鳴かない」が単行本に。

目次

第1章 なでていると小さな寝息が聞こえてきた
第2章 元野良がだんだん家猫らしくなってきた
第3章 病気が見つかったなかにも喜びが
第4章 給餌の苦労と数値との戦いの日々
第5章 再び毛づくろいする日を夢見て
第6章 空を見るのが好きだったぽんた

著者等紹介

宮脇灯子[ミヤワキトウコ]
1968年、東京生まれ。編集ライター。成城大学文芸学部卒業後、出版社で料理書編集に携わったのち、東京とパリの製菓学校でフランス菓子を学ぶ。その後フランス・アルザス地方に約10年間通い、家庭菓子や地方菓子について研究する。現在は製菓やテーブルコーディネート、ワイン、フラワーデザインに関する記事執筆、書籍の編集を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。