遠慮深いうたた寝

個数:
電子版価格 ¥1,705
  • 電書あり

遠慮深いうたた寝

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月05日 05時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 243p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309030036
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

神戸新聞の人気連載「遠慮深いうたた寝」を中心に、約10年分の中から作家の素顔が垣間見られる、極上エッセイを厳選収録。

内容説明

日々の出来事、思い出、創作、手芸、ミュージカル…温かな眼で日常を掬い取り、物語の向こう側を描く9年ぶりのエッセイ集!

目次

1 遠慮深いうたた寝(集会、胆石、告白;地雷だらけの世界で ほか)
2 手芸と始球式(手芸と始球式;指と果物 ほか)
3 物語の向こう側(干刈さんの指;二次会へ ほか)
4 読書と本と(官能とユーモア 田辺聖子『ジョゼと虎と魚たち』;恋をなくした時に読みたい本 ほか)

著者等紹介

小川洋子[オガワヨウコ]
1962年、岡山県生まれ。早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。88年「揚羽蝶が壊れる時」で海燕新人文学賞を受賞し、デビュー。91年「妊娠カレンダー」で芥川賞を受賞。2004年『博士の愛した数式』で読売文学賞、本屋大賞、『ブラフマンの埋葬』で泉鏡花文学賞、06年『ミーナの行進』で谷崎潤一郎賞、13年『ことり』で芸術選奨文部科学大臣賞、20年『小箱』で野間文芸賞、21年菊池寛賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

381
小説世界の構築においては、神秘的と評してもいいような小川洋子さんなのだが、こと日常生活ということになると、なんだかちょっとオマヌケなおばさんみたいである。本書の前半は、神戸新聞への連載エッセイなのだが、そんな等身大の彼女の姿を垣間見ることができる。編み物をしながら、阪神タイガースのチャンスが巡ってくると、密かに念を送るそうなのだが、そのくせ優勝を見ることができるのは、生涯に一度あるかないか、などと本音を漏らしてしまう。お連れ合いも何年経っても飽きることはなさそうだ。2023/10/29

starbro

296
小川 洋子は、新作中心に読んでいる作家です。久しぶり約15年分のエッセイ集、タイトルも九谷焼による陶板画の装丁も素敵です。しかし著者が阪神タイガースファンで、甲子園で六甲おろしを唄っているとは思いませんでした(笑)著者の野望は、甲子園での始球式です🐯 https://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309030036/ 2021/12/09

fwhd8325

145
この美しい表紙、まるで陶器のようです。そっと表紙を開いてみると小川さんの日常が綴られています。そこには、エッセイでありながらドラマを感じさせてくれる楽しい世界があります。小説の世界とは違う魅力にあふれています。「ベニスに死す」は小説は読んでいませんが、映画は何度も見ました。 わずか2ページの書評ですが、この物語の世界観が凝縮されているように感じました。2022/07/05

けんとまん1007

145
「遠慮深いうたた寝」というタイトルに籠められた想いが、最後にあって納得。小川洋子さん、小説もいくつか読んでいるし、エッセイもそうだ。一種独特の世界を感じるのだが、改めて、いろいろ感じた。一つ一つを大切にしながら、いろいろな経験・知見を、ご自分の中で醸成されてくるのを、慌てずに待つ。それから、丁寧に組み立てる姿勢。とかく、スピードだけを優先しがちな今だらこそ、そんな姿勢に見習いたいものだ。2022/01/28

アン

124
さりげない日常の出来事や想い出、本を巡る何処か懐かしい気分に浸る短編小説のようなエッセイ集。一緒にお散歩してるようでクスッと笑ったり、ご家族や少年少女への愛情ある眼差しに心温まり、謙虚で淑やかなお人柄が行間から滲み出て味わい深くて。記憶や喪失を通して受けいれる想い、ささやかな喜びの尊さ。世の片隅をさ迷う小さきものに目を凝らし、声なき声に耳を澄ませ慈しむ姿に惹かれ、私は閉ざされた扉をひっそり開くのだと。豊かな想像力で繊細に紡がれる幻想的で静謐な物語は、心の灯となり私をそっと見守り続けてくれることでしょう。 2022/03/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18683925
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。