開高健の本棚

個数:

開高健の本棚

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月17日 13時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 168p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784309029900
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

開高健の書斎、蔵書、作ったものを取り下ろしカラー写真で紹介するとともに、本をめぐるエッセイを収録。開高の知の源に迫る一冊。

内容説明

そして乱読、また乱読を、ひたすらつづけた―行動する小説家が愛した、膨大な本と書斎。フランス文学、ベトナム戦争、SF、捕物帳、釣り、酒と煙草、サルトル、ボルヘスから金子光晴、吉田健一、辞典まで。本と読書をめぐるエッセイを多数収録。

目次

1 開高健の蔵書から(乱読、また乱読;サルトルの『嘔吐』は無人島へ持っていきたい本;サルトル『嘔吐』―一冊の本;中学生から親しんだ仏文学;ベトナム、開高にとって特別な国;アジア、南アメリカ;『戦場の博物誌』直筆原稿;SFから捕物帖まで;眼をあけて読む悪夢;久生十蘭、小栗虫太郎、夢野久作 異端と幻想の小説家たち;愛読する金子光晴の本;吉田健一の奇書;傍らに言海;言海に漂う)
2 本と読書(私の始めて読んだ文学作品と影響を受けた作家;私と“サイカク”;心はさびしき狩人;『ガリヴァー旅行記』;マンガの神様・手塚治虫;続・読む;あまりにもそこにある ディストピア文学管見(抜粋)
スパイは食いしん坊(抜粋))
3 開高健が作ったもの(開高著作;オーパ!;同人誌『えんぴつ』;洋酒天国;碩学、至芸す(抜粋)
飲む(抜粋)
ヘディン
『書斎のポ・ト・フ』
ダンヒルのライターとお気に入りのパイプ
『名著ゼミナール 今夜も眠れない』から厳選30冊!
ウィーク・パイプ
眼を見開け、耳を立てろ そして、もっと言葉に……
開高健 年譜
編集あとがき
開高健記念文庫
開高健記念館)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

マエダ

47
「嘔吐」が出版社を変え、紙を変え、版を変えるたびに、そのたび毎に本屋で出かけて買ってくる。そういう本があるの良いよね2022/04/24

蘭奢待

46
過去に出版された書籍から短文を寄せ集めたアソート集。今は開高健記念館になっているという自宅の書斎、本棚の写真が非常に興味深い。ベトナム関連、南アメリカ関連、モンゴル関連は当然としても、幻想文学、フランス文学に、ディストピア文学への傾倒を感じさせてくれる。サルトル嘔吐が座右の書であることも知らなかった。ボルヘス、チェーホフにオーウェル。自分の読書傾向が似ているところが嬉しい。2021/11/06

toshi

8
本に関するエッセイなどを集めた本。 開高健の本に対する考えが良く分かる。 写真がカッコイイ。2021/11/15

古本虫がさまよう

5
彼の自宅のある茅ヶ崎にはかつて何度か出かけたことがある。古本屋が数軒あったころ。この先に開高宅、記念館があるとは知っていたが、とくに行くことはなかった。そのあと、古本屋もほぼ消滅したようで、茅ヶ崎に出かけることもなくなった。書斎やら本棚の写真が載っている。僕も持っている本……レイモン・アロンの『知識人とマルキシズム』や徳岡孝夫氏の『ベトナム戦争は忘れていいのか』、パトリック・ハネーの『北ベトナムの共産主義』などが目に止まった。オーウェルの作品も…。本にまつわるエッセイなども収録されている一冊。 2021/10/18

Go Extreme

4
開高健の蔵書から:乱読、また乱読 サルトルの『嘔吐』は無人島へ持っていきたい本 サルトル『嘔吐』―一冊の本 仏文学 ベトナム、開高にとって特別な国 アジア、南アメリカ SFから捕物帖まで 眼をあけて読む悪夢 久生十蘭、小栗虫太郎、夢野久作 異端と幻想の小説家たち 愛読する金子光晴の本 吉田健一の奇書 傍らに言海 本と読書:私の始めて読んだ文学作品と影響を受けた作家 私とサイカク マンガの神様・手塚治虫 続・読む あまりにもそこにある 開高健が作ったもの: 開高著作 オーパ! 同人誌『えんぴつ』 洋酒天国2021/11/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18336183

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。