感染症文学論序説 文豪たちはいかに書いたか

個数:

感染症文学論序説 文豪たちはいかに書いたか

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年06月23日 11時16分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 196p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784309029580
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0095

出版社内容情報

コレラ、結核、スペイン風邪…近代日本はたびたび感染症に見舞われた。文学はそれをどう描いたか。重要な歴史的証言として読み直す。

内容説明

コレラ、結核、腸チフス、赤痢、ペスト、疱瘡、百日咳、スペイン風邪、梅毒…。たびたび感染症に見舞われてきた近代日本。“いま”を考えるためのリアルな史料として読み直す―。もうひとつの近代文学史。

目次

芥川が思い出したコレラ小説―尾崎紅葉『青葡萄』
おとなりの子は賽の河原で石を積んでいる―小泉八雲「コレラ流行期に」
子規がとったソーシャルディスタンス―「消息」と『病牀六尺』
兵站病院で死を覚悟する田山花袋―『第二軍従征日記』の中の腸チフス
たてまえにすぎない交通遮断―夏目漱石『吾輩は猫である』および書簡と疱瘡・ペスト・赤痢
信仰と医療の狭間で―森鴎外「金毘羅」と百日咳
病と臨死体験―柳田国男『遠野物語』の中の腸チフス
不愉快な顔をした病人の家―石川啄木『一握の砂』および日記と結核
日本人の便宜主義に抗して―与謝野晶子「感冒の床から」とスペイン風邪
過敏な人とそうでない人と…―志賀直哉「流行感冒」の中のスペイン風邪
付ける・付けないの人間心理―菊池寛「マスク」
業病と奇蹟―芥川龍之介「南京の基督」と梅毒
感染の絶望―内田百〓「疱瘡神」「虎列刺」
噂・風俗・妙薬―長谷川時雨『旧聞日本橋』の中のコレラ
微笑する「僕」―小島信夫「微笑」と小児麻痺

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かふ

15
ロバート・キャンベル『日本古典と感染症』を読んで近代も出てくるのにスペイン風邪が書かれていないと思い本を探したらこの本に辿り着いた。キャンベルの本が罹患→ケアの文学であったのに、さらにこの本では予防という観点が出てくる。それが与謝野晶子がスペイン風邪に罹患した時の後手後手になる厳しい政府批判であった。それは貧困によって石川啄木の家族の結核での悲劇があったからだろうという。正岡子規は結核罹患後も家族によってケアされてきた。またその知識も持ち合わせていた。森鴎外が結核にかかりながらも家族に隠していたという。2023/06/19

ふらい

1
昔の文豪が感染症について書いた文を紹介する本。感染症=病気の中で他人にうつるもの、って理解でいいのかな? あくまで紹介にとどめた感じで主観的な意見なんかはあまりなく、読みやすいけどその分面白味は薄かった印象。2021/08/03

Mie

1
新型コロナに世の中が翻弄されている中、果たしてこれを語り継ぐにはどういった手法があるだろうか、と考えていた中でこの本を知った。これまでの日本、世界も多くの感染症による危機に遭っており、それを文学として書き続けた人がいたのは事実である。今の状況も、果たしてどう読み継がれていくのか…2021/07/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17583898
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。