私のエッセイズム―古井由吉エッセイ撰

個数:

私のエッセイズム―古井由吉エッセイ撰

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月20日 14時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 331p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309029382
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

古井由吉にとってエッセイは文学の核心だった。生涯にわたる全エッセイから精選したベストアンソロジーを没後一年を期して刊行。

内容説明

古井文学にとって「エッセイズム」は核心であり、エッセイは半身をなしていた。全文業から厳選したエッセイの精華を集成。

目次

1(私のエッセイズム;私の文学的立場 ほか)
2(山に行く心;谷にある心 ほか)
3(水への畏れ;滅亡とのたわむれ ほか)
4(言葉の呪術;俄法師 ほか)
5(日常の“変身”;認識の翻訳者 ほか)

著者等紹介

古井由吉[フルイヨシキチ]
1937年11月19日東京生まれ。東京大学独文科修士課程修了。71年「杳子」で芥川賞受賞。その後、80年『栖』で日本文学大賞、83年『槿』で谷崎潤一郎賞、87年「中山坂」で川端康成文学賞、90年『仮往生伝試文』で読売文学賞、97年『白髪の唄』で毎日芸術賞を受賞。2020年2月18日永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

踊る猫

32
極限まで行き着いた明晰さに息を呑む心地がする。古井由吉はここまで孤独に思索を鍛え、言葉をぎりぎりまで深く紡がんと「粘る」人だったのか、と。古井由吉の最良の理解者によって編まれたこのエッセイ集はまんべんなく彼が生きた時代/キャリアを概観できる作りになっていて、この作家の変わらない「粘り」のあり方を堪能できるようになっている。ドイツ文学や日本の私小説から学び、そこに彼自身が生きた過去/歴史を盛り込み、彼にしか編み出せない「憎しみ」の作業を作り出した。彼は現世と隔絶しているようで、実は俗人でもありうるのも面白い2022/01/07

ロータス

1
古井由吉にとって「書く」行為とはなんだったのか。少なくとも随分つらい行為であったことは分かる。本書を読み、氏がこれだけ考えに考えて作品を生み出していたのかと驚いた。と同時にエッセイと小説を区別せず等しく力を注いでいたと知り目を見張った。氏にとってエッセイは軽いものではなかった。創作秘話の他ではカフカの読解が面白かった。堀江敏幸の解説も素晴らしい。2021/02/27

tetekoguma

0
演劇系の読書会で取り上げられた作家古井由吉のエッセイ集。文学研究者としてキャリアをスタートしブロッホやムージルの研究をしていたとのことですが小説家としての作品は透明感高く幽玄です。死者や幽界を強く意識した作風と透徹した論理力が印象的でした。エッセイは謎めいたところはなく論旨明快です。2022/07/03

3J28

0
「杳子」は掛け値なしで「あいだ」の文学であるが、古井自身が、現実とフィクションの「あいだ」で、それを強く意識しながら彷徨っていること。3月10日の、幾度にもわたる分有。それはたしかに現在であるが、永遠の現在でもある。死者も、同時的な可能世界にいる私も交叉する「辻」のような場所に、古井の文学は屹立する。彼の苦渋ともいえる文学という営為に、すこしでも触れられた気がする。2022/03/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17224618
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。