5分シリーズ+<br> 虹いろ図書館のひなとゆん

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

5分シリーズ+
虹いろ図書館のひなとゆん

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2021年09月23日 00時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 248p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309029221
  • NDC分類 K913
  • Cコード C0093

出版社内容情報

友達がいないひなと、世界を旅してきたゆん。ずっと友達でいられると思った二人だったけれど…好評「虹いろ図書館」シリーズ第2弾!

内容説明

わたしの大事な大事な一番の友達へ。友達がいない小学4年生のひなは、ある日、不思議な少女ゆんに出会う。世界中をめぐってきたゆんとゆんのお話に魅了されるひな。ゆんが大好き!ずっと友達でいたい!そう思っていたのに―。かけがえのない友達のために、ひなは一歩、踏み出す。虹いろ図書館で今日もひとつ、奇跡が起きます。

著者等紹介

櫻井とりお[サクライトリオ]
京都市生まれ。放送大学教養学部卒。都内区役所在職中、およそ10年間公立図書館で勤務。2018年第1回氷室冴子青春文学賞大賞を受賞、19年『虹いろ図書館のへびおとこ』(河出書房新社)で作家デビュー。現在、関東圏の公立図書館で非正規の司書として勤めながら小説を書き続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

☆よいこ

76
虹いろ図書館シリーズ②腎臓病で午前中しか学校に通えない小学4年生のひなは、下校中に図書館に寄るのが日課の読書好きな女の子。ある日、公園でカポエイラが得意な楽しい女の子、ゆんと友達になる。ひなは、世界中のことを知っているゆんの話を聞くのが楽しくて、ゆんのことが大好きになった。毎日一緒に遊んで、ひなの誕生日は今までで最高の誕生日になった。だけど、腎臓病が回復し、普通に投稿できるようになったひなは、ゆんの事情を外から聞いて戸惑う▽たくさんの児童書と絵本!泣いた赤鬼は確かに赤鬼ひどいよね2021/01/23

はる

61
前作とは少し違う雰囲気ですが、こちらのほうがより児童書らしいタッチになっていると思います。特に前半、ひなとゆんが出会い、仲良くなっていく過程のワクワク感。そしてゆんが語る物語の面白さ。私も子供の頃、ひなと同じ病気だったから共感する部分も多かった。でもそのかわり、どこか作り物めいて、現実感に欠けているのも否めませんが。。終盤の切なくも優しい展開にドキドキしました。読む人によってどのようにも受け取れるラストも素敵だと思います。2021/04/03

寂しがり屋の狼さん

54
前作のように図書館がメインでは無いですが、イヌガミさんなどお馴染みの人物や『長くつ下のピッピ』『赤毛のアン』『どろんこハリー』『泣いた赤おに』などなど多くの物語が出ててきて楽しませてくれます(◍•ᴗ•◍)最後のページに乗っている【この物語に登場する作品】を眺めてニヤニヤしちゃいました(◕ᴗ◕✿)2021/08/07

ぶんこ

43
虹いろ図書館といえばイヌガイさん。今回も登場してます。病気で毎日給食を食べずに早退するので、クラスの友だちができないひなちゃん。他の学校のゆうちゃんと友だちになって、楽しい毎日となったのですが。クラスの友だちができると、その子たちからゆうちゃんの悪い噂を聞き、知り合いではないと嘘をついてしまう。そんなひなちゃんに、それとなく救いの手を差し伸べたのがイヌガイさん。図書分類を使ったクイズで、ゆんちゃんの手紙を見つけだせてよかった。ひなちゃんのおばあさんも素敵でした。言葉は悪いけれど、愛情たっぷり素敵でした。2021/03/25

anne@灯れ松明の火

39
新着棚で。シリーズ2。続編というより、時系列としては前? 司書のイヌガミさんはキーパーソンとして登場するが、図書館以外のでの話も多く、別物として読む方がいいかも。腎臓病で、給食が食べられずに、午前の授業で早退する「ひな」は友達がいない。やっとできた友達「ゆん」はちょっと変わった子だった……。ゆんがつかみどころがなく、戸惑った。同じ本を読んで、意見が対立したふたりへのイヌガミさんの対応は良かったし、ひなの祖母も独特ではあるけれど、いいキャラ。考えさせられる良作なのは間違いないが、私は1の方が好きだった。2020/12/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16679838

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。