妻たちのプロレス―男と女の場外バトル

個数:

妻たちのプロレス―男と女の場外バトル

  • ウェブストアに61冊在庫がございます。(2020年09月26日 05時22分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309029092
  • NDC分類 788.2
  • Cコード C0095

内容説明

妻だけが知るプロレスラーの苦悩と栄光。男女のディープ・ストーリーを描きながら、謎に包まれたプロレスの真実をすべて明かす、新しいノンフィクション!

目次

第1章 力道山の妻・田中敬子―今もあの笑顔を胸に
第2章 〓山善廣の妻・奈津子―ケガと病気と闘う日々のその先に
第3章 剛竜馬の妻・八木幸子―男と女、ミックスド・デスマッチ十番勝負
第4章 葛西純の妻・三知代―血に染まった夫のシャツを脱がせた日々
第5章 藤波辰爾の妻・伽織―妻だけがプロレスラーを分かってあげられる
第6章 ジャイアント馬場の妻・元子―女が純愛スナイパーになる時

著者等紹介

ターザン山本[ターザンヤマモト]
1946年、山口県生まれ。立命館大学文学部中国文学専攻を中退。77年、新大阪新聞社に入社し「週刊ファイト」でプロレス記者としてスタート。80年、ベースボール・マガジン社へ移籍。87年、「週刊プロレス」の編集長に就任。96年8月に同社を退社後、フリーとして活動する

福留崇広[フクトメタカヒロ]
1968年、愛知県生まれ。國學院大学文学部哲学科卒業。92年、報知新聞社入社。現在、コンテンツ編集部所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

妻だけが知るプロレスラーの素顔。男女の過激なドラマを描きながら、謎に包まれたプロレスの実像にせまる、新しいノンフィクション!