日航123便墜落 圧力隔壁説をくつがえす

個数:
電子版価格 ¥1,815
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

日航123便墜落 圧力隔壁説をくつがえす

  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2020年10月29日 08時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 229p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309029061
  • NDC分類 687.7
  • Cコード C0036

内容説明

事故調査報告書の別冊に、隠すかのように記された決定的な新事実。「異常外力着力点」とは何か?真相を暴く、決定版!!これは「事故」ではない、「事件」だ!

目次

第1章 事件の真相―時空の闇(私たちが騙された“あの日”;外務省は事件とわかっていた;事件を事故に―驚くべき詭弁の実態;反省なき政府の大罪;嘘の正当化―そのプロセス;自衛隊と米軍は何をしたのか;防衛庁の威信をかけた国産ミサイル開発中)
第2章 異常外力着力点(隠されてきた公文書;異常外力の正体;隕石は横から当たらない;米国の情報開示;ボイスレコーダーの不自然な解析会議)
第3章 沈黙と非開示―罪を重ねる人々(答申書―嘘も詭弁もつきたい放題;在日米軍の情報開示―FOIA;心地良い言葉に騙されるな―元米兵と元自衛隊員からの提言;日航安全啓発センター―情報操作の役割)
終章 521人の声を聴く

著者等紹介

青山透子[アオヤマトウコ]
ノンフィクション作家。東京大学大学院博士課程修了。日本航空国際線客室乗務員として国内線時代に事故機のクルーと同じグループで乗務。その後、官公庁、各種企業、大学等で人材育成に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

外務省公文書に記された決定的な新事実、さらに「異常外力」とは何を意味するのか? 日航123便墜落の真相を明らかにする決定版。