背中の地図―金時鐘詩集

個数:

背中の地図―金時鐘詩集

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2018年08月20日 03時13分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 141p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309026794
  • NDC分類 911.56
  • Cコード C0098

内容説明

悲しみを共にしようと、うすれる記憶にまといつく詩の燐光。伝説的な詩人の執念。

目次

1 山涛のあと(朝に;不在;網 ほか)
2 日は打ち過ぎて(遠い後光;エレジーの周り;またそして春 ほか)
3 禍いの青い火は燃える(またしても年は去り;それでも言祝がれる年はくるのか;風のなか ほか)

著者等紹介

金時鐘[キムシジョン]
1929年、朝鮮釜山市生まれ。詩人、済州島で育つ。1948年、済州島四・三事件に関わり、苛酷な弾圧を逃れて来日。日本語で詩を書き、朝鮮と日本のはざまで生きる者の思いを表現してきた。詩集に『原野の詩―集成詩集』(立風書房、小熊秀雄賞受賞)、『失くした季節―四時詩集』(藤原書店、高見順賞受賞)など、評論・エッセイ集に『「在日」のはざまで』(立風書房・平凡社ライブラリー、毎日出版文化賞受賞)、『朝鮮と日本に生きる―済州島から猪飼野へ』(岩波新書、大佛次郎賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

生きながらにして伝説と化した在日の詩人がその生涯の決算をかけて「ノアの洪水」としての3・11以降の日本を問う感動的な詩編。

金 時鐘[キムシジョン]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件