主よ 一羽の鳩のために―須賀敦子詩集

個数:

主よ 一羽の鳩のために―須賀敦子詩集

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 144p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309026565
  • NDC分類 911.56
  • Cコード C0092

出版社内容情報

没後20年にして新発見された詩40数篇収録。詩人としての類い稀な才能を証す貴重な作品集。手書き原稿も掲載。解説・池澤夏樹。

須賀 敦子[スガ アツコ]
著・文・その他

内容説明

30歳の日々、ローマでひとり呼びかけつづけた「あなた」への魂のことば―没後20年にして新たに発見された詩稿は、須賀敦子が詩人であったことをあきらかにした。祈りと慰めの韻律は、静かに、そして深く、心をゆるがす。巻頭口絵にて手書き原稿収録。

目次

Expandi manus meas ad te
(おかあちゃまじかんってどこからくるの?)
(けふはそらのあをい)
(窓のしたに)
(あゝこのひかりを)
(これほど空があをくて)
(アカンサスの叢から)
(れんげが咲いて)
(わたしの/いづみは)
(もうひとつ)〔ほか〕

著者等紹介

須賀敦子[スガアツコ]
1929‐1998。兵庫県生まれ。聖心女子大学卒業。1953年よりパリ、ローマに留学、その後ミラノに在住。多くの日本文学をイタリア語に訳して紹介する。71年帰国後、慶應義塾大学で文学博士号取得、上智大学比較文化学部教授を務める。91年、『ミラノ 霧の風景』で講談社エッセイ賞、女流文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

aika

48
人生の途上での迷いや孤独を内に抱え、神を魂で希求するひとりの女性、ひとりの信仰者としての須賀さんの生身の姿が目の前に顕れてくるようです。書かれた地は、生まれ育った日本でも、挫折したフランスでもなく、その果てににたどり着いたイタリア。この詩はローマにいたからこそ書けて、ローマにいたからこそ書けなかった。「もたぬことは、とびたつことだと。」渡り鳥のように身も心も日本と外国を、現実と文学の世界を行き来し、人間と文学という営為に厳しく温かい眼差しを注ぎつづけた須賀さんの輪郭にそっと触れたような気がしました。2019/12/31

なる

46
イタリア文学の翻訳者として第一人者だったそうで、在伊時代に綴られた詩を集めたもの。といっても巻末で池澤夏樹が触れているように、たった1年間しか作詩されておらず、生前に発表されることもなかった様子。カトリックの洗礼を受けていることから作中でもその影響が垣間見える。稀にその対象が神か人か、読む側に委ねる曖昧さを持っていてそれもまた心地いい。美しくて透明な言葉がひらひらと踊っていて心が連れ去られる。恥ずかしながら存在を知らなかったけれど、これほど寂しくて凛とした言葉を綴れるのなら、もっと詩に触れてみたかった。2021/05/03

メタボン

41
☆☆☆★ 習作のようで詩としての魅力は今ひとつ。しかしエッセイに見られるようなみずみずしい言葉に須賀敦子の世界を感じる。(わたしの いづみは)(夜毎くらがりに わたしはすはって)の2編は、私の好きな伊東静雄に通じるリズムがあって好きだ。「同情」は宮沢賢治っぽくて良い。2019/09/07

紫羊

38
イタリアに留学し、ローマに暮らし始めた翌年に書かれた数十編の詩。あとがきにもあるように、どこかリルケを思わせる詩もある。短い詩ばかりだが、痛々しいほどピュアな感性に溢れている。2018/04/23

ぞしま

22
読んではみたものの……。 死後本人も知らず刷られたという点ではなく、須賀さんの若書きであるという点において、私には本書と向き合うのがはばかられるような気持ちが残った。清新でまっすぐな詩情に触れるにつけ、あぁ須賀さんは変わらないんだな、と思う。純真なたましいがたどってきた道を想像するのもまた一興かもしれない。彼女の生の晩年に書かれた一連の書物にあるあの醒めた目、その萌芽はどこでどのようにして芽生えたのだろうか、とかそんなことを考えてしまうのはおかしいだろうか。 しいべに向けて書いた詩もあったのかしらん2018/07/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12751691

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。