きっとあの人は眠っているんだよ―穂村弘の読書日記

個数:

きっとあの人は眠っているんだよ―穂村弘の読書日記

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月09日 23時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 316p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309026275
  • NDC分類 019.04
  • Cコード C0095

内容説明

「週刊文春」好評連載中。本屋をめぐり古本屋をのぞき、頁をめくって世界と出会う本の日々。

目次

1(昭和の漫画を読みふける;「他人の目」を借りる;天才ピアニストの悪魔的魅力;私たちが成熟できない理由;将棋の世界の真剣勝負 ほか)
2(鳥のしおり;千切り飛びはルフィニ終末;失踪、或いはリアリティの最深部への旅;夢のリアリティ;ミステリーと詩は双子なんじゃないか ほか)

著者等紹介

穂村弘[ホムラヒロシ]
1962年、北海道札幌市生まれ。歌人。2008年、『短歌の友人』で第19回伊藤整文学賞、「楽しい一日」で第44回短歌研究賞、2017年、『鳥肌が』で第33回講談社エッセイ賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

110
先日穗村さんの書評を読んだので今回は読書日記を読んでみました。この方の読んでいる本を見てあのさまざまな短歌の源がここにあるのではないかと感じました。漫画から将棋の世界や様々な分野の本を読んでおられます。本当に読書を楽しんでいるのでしょうね。2021/01/08

美登利

97
文筆家は読書家が多いよね。たくさん本を出すほどに読む量も増えていく。息抜きという理由もあるのだろうけれど。大好きな穂村さんがどんな本を読むのか気になっていた。しかし読んだことのない本ばかり(苦笑)歌人であるから歌集も多い。そして漫画本もよく読むらしい。海外作品も結構あり。タイトルどおり、書評ではなくて穂村さんが今日はこんな本を読んだと綴るだけの日記、感想はほんの少し。感動した時はちょっと長めの引用。古書店に出掛け欲しかった本を手に入れた時の喜び方がほむほむらしく可愛かった! 2017/12/19

♪みどりpiyopiyo♪

78
穂村さんの読書日記って、読む前から特別感があります。幾つになっても現実世界に馴染めない世界音痴な感性と、その違和感をその言葉に託すんだ?!っていう嬉しさと。■普段私が、読書で 現実世界で 感じる喜びや驚きを、もっと深く再定義してくれる感じ。「ああ、自分もそんな風に感じてたんだ」「そうか、こういうのに興味があったんだ」と改めて気付くのです。そう、これは、穂村さんが読書について「『他人の目』を借りる」と書いてる、まさにその感覚☆ この本を読むことが、まさに「ほむほむの目を借り」て世界を見ることでした♪ (→続2018/01/16

ひめありす@灯れ松明の火

72
ほむほむこと穂村弘さんの読書日記。書評ではないからか新刊をキチキチっと追うのではなく、古書店で偶然の出会いを楽しんでみたり、ニアミスに号泣したり、コンビニコミックを買い集めてみたり、はたまた新刊コミックを買いに走ったりと、読書の世界も縦横無尽です。共読み本も多くて、どうして同じような本を読んでいるのに同じ感性が芽生えないんだろう……。としょんぼりしてみたりしました。世界をスライスする目が違うのかな。翻訳小説や短歌の本も多くて面白い。私にとっては未知の世界なので、この本を頼りに何冊か読んでみようと思いました2018/04/28

佐島楓

68
読書をしている穂村さんの反応を読んでたのしむ、というメタな感じがたまらない。この文春の連載は拝読しています。2020/01/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12394150

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。