日航123便墜落の新事実―目撃証言から真相に迫る

個数:
  • ポイントキャンペーン

日航123便墜落の新事実―目撃証言から真相に迫る

  • ウェブストアに1338冊在庫がございます。(2017年12月18日 00時55分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 208p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309025940
  • NDC分類 687.7
  • Cコード C0036

内容説明

事故ではなく事件か!?墜落現場特定と救助はなぜ遅れたのか。目撃された戦闘機の追尾―あの事故で仲間を失った元客室乗務員が解き明かす!鎮魂のノンフィクション。

目次

序章 あの日に何が見えたのか
第1章 一九八五年八月十二日の記録
第2章 新たに浮かび上がるあの日の証言
第3章 『小さな目は見た』というもう一つの記録
第4章 三十三回忌に見えてきた新たな事実―目撃証言からの検証
終章 未来の目は見た

著者紹介

青山透子[アオヤマトウコ]
元日本航空国際線客室乗務員。国内線時代に事故機のクルーと同じグループで乗務。その後、官公庁、各種企業等の接遇教育インストラクター、専門学校、大学講師として活動。東京大学大学院博士課程修了、博士号取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

著者が当時の警察・自衛隊・政府関係者および、遺族、目撃者などに取材を続けるうえで新たに見えてきた新事実を書き下ろした一冊。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件