ヨコハマメリー―かつて白化粧の老娼婦がいた

個数:

ヨコハマメリー―かつて白化粧の老娼婦がいた

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月26日 11時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 328p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309025933
  • NDC分類 368.4
  • Cコード C0095

内容説明

歴史の中に埋もれていた幕末以来の“娼婦たち”を掘り起こし、一方で“メリーさん”の周辺に生きる人々の人生を見つめた渾身の実録!時代とともに“ヨコハマ”の町が変遷していく姿を背景に、謎めいた“ハマのメリーさん”の鮮烈な全貌を描くドキュメント!

目次

第1章 メリーさんとは何者?
第2章 “ヨコハマ”から読み解く近現代
第3章 “メリーさん”の記憶
第4章 ローザとメリー
第5章 港のメリー・ヨコハマヨコスカ
第6章 二人の「マイウェイ」
第7章 伊勢佐木町ブルースが聞こえる
第8章 エピローグ

著者等紹介

中村高寛[ナカムラタカユキ]
1975年、神奈川県生まれ。1997年に松竹大船撮影所よりキャリアをスタート。李纓監督の『味』(2003年)、『靖国(YASUKUNI)』(2008年)で助監督。2006年に映画『ヨコハマメリー』で監督デビュー、横浜文化賞芸術文化奨励賞、文化庁記録映画部門優秀賞、ヨコハマ映画祭新人監督賞・審査員特別賞、藤本賞新人賞など11の賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

honyomuhito

69
真白い衣装に、白粉を塗りたくった白い顔と手足。強くアイメイクを施した目元は、隈どりのように黒い。姿勢は良いが、その背中は長年の路上での生活のためか、大きく曲がっている。メリーさんを実際に見たことはないが、このビジュアルがモチーフになった作品は、いくつか見たことがあるような気がする。山下和美の「不思議な少年」にも、メリーさんをモデルにした話があった。それほど彼女の存在は、創る人々の創作意欲を呼び覚ますものであるのだろう。https://chirakattahondana.com/ヨコハマメリー/2019/04/10

むぎじる

40
戦後、洋娼(ラシャメン)として生きた女性メリーさんについて、横浜の歴史や関わりのあった人からの談話を基に人物像を浮かび上がらせていく。国の身勝手な政策から作られた娼婦という職業に翻弄されながらも、娼婦として生きざるをえなかった女性たちがいた。悲しい現実はさることながら、たくましさと強さが垣間見える。メリーさんの知り合いの中にシャンソン歌手の元次郎という人物がいたが、その方の人生も壮絶で息を飲んだ。メリーさんが生きるためには、プライドが必要だった。それがお守りだったのだろうか。2019/09/10

やいっち

35
書店で衝動買いした本。内容以上に、表紙の写真に写る、ほぼ生涯娼婦だったメリーさんの姿に衝撃を受けて、というのが正直なところ。  戦後、アメリカ軍の兵隊相手にパンパンたちが働いた。メリーさんもその中の一人。一般の兵隊じゃなく、高級将校のみを相手にする、プライドの高い娼婦だったとか。  本書はメリーさんを巡る人物群を筆者が映画化した。その映画化の経緯を縷々語る本というべきだろう。2017/09/25

まあちゃん

24
書店で見かけ、表紙のメリーさんの写真にひきつけられた。この人はだれ?横浜の開国後からの歴史が語られ、メリーさん達がどんな暮らしをしていたのかが語られる。白塗りのメリーさんがなぜ街に立つようになったか、どこへ消えたのか。コツコツと取材しドキュメンタリー映画を作るために映像記録を撮る。メリーさんのような人達に寛容で、つい最近まで居場所があった。しかし横浜の近代化と共に歴史を知らない人も増え、アウトサイダーは排除された。彼らの生きた時代の匂いのようなものを感じ、哀愁を感じた。こういう本とても好き。2018/05/21

minazuki

19
白塗りの化粧に白いドレスで横浜の街に立つ。横浜に住んでいる人ならだれでも知っている、風景のような人、〈都市伝説〉の人。著者は2006年公開の映画「ヨコハマメリー」を撮った監督。その過程を本にした。/映画を撮りたいと思った時、メリーさんはすでに横浜から姿を消していた。結果、彼女にかかわった人たちを撮ることによって、彼女を浮かび上がらせるドキュメンタリー映画になった。/彼女を受け入れていた横浜という街・人々。やがて、嫌悪し排除していくのは時代の必然か。2019/06/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12029060

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。