吾輩のそれから

個数:
電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり

吾輩のそれから

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月18日 12時38分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309025292
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

吾輩はなんと、殺されていた!?死後に探偵となった猫が大活躍のユーモアあふれるミステリー浪漫。ご存じ、ラストで水瓶に落ちて死んだ吾輩の“それから”に迫る続「吾輩は猫である」

著者紹介

芳川泰久[ヨシカワヤスヒサ]
1951年生まれ。フランス文学者、文芸評論家。早稲田大学文学学術院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

自らの死の真相を求め吾輩は探偵に! ラストで水瓶に落ちて死んだ“猫”のそれからを描く続「吾輩は猫である」。漱石三部作第2弾!

芳川 泰久[ヨシカワ ヤスヒサ]
1951年生まれ。フランス文学者、文藝評論家。早稲田大学第一文学部教授。 著書に『歓待』、『ボヴァリー夫人』をごく私的に読む』、訳書に 『失われた時を求めて 全一冊』(角田光代共訳)他多数。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件