逆さに吊るされた男

個数:

逆さに吊るされた男

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 247p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309024820
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

地下鉄サリン実行犯の死刑囚Yと交流する作家が行き着くのは、オウム事件の真実か、それとも……人間のグロテスクな自我を抉る衝撃作

内容説明

オウム真理教とは何だったのか、私だけが、真実に辿りつけるはず―。地下鉄サリン実行犯死刑囚Yとの十年を超える交流。実体験をもとに、世紀の大事件を描く衝撃の私小説。

著者等紹介

田口ランディ[タグチランディ]
1959年、東京生まれ。2000年、長篇小説『コンセント』を発表。以来、社会問題や人間の心をテーマに、フィクションとノンフィクションを往還しながら幅広い執筆活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケンイチミズバ

111
新興宗教に引っ掛かる人には共通項がある。アムウエイみたいなビジネスも極端な断捨離、変な右も左もみな裾野の広い新興宗教の延長線上にあると私は思っている。キリストも親鸞にも天夢の啓示があったそうだ。凡人にも神が降りてきたはよくあることだ。ただの夢や自然現象を思い込みや勘違いかもしれないと普通なら終わらせる。自分を神だとか教祖だと名乗るいかがわしさが私は大嫌いだ。大衆を信じ込ませる屁理屈の上手さは政治も同じだが。真実は知らない。カルトの暴走くらいにしか。殺人を勝手な解釈で正当化するのはジハードと同じテロと同じ。2018/01/15

Miyuki Usa

69
始めにノンフィクションなのかフィクションなのかごっちゃなのか分からずに読み始めたのですが、読み終えてもなんなのか分からずじまい。著者がオウム(麻原)に対して徐々に主観的で感情的になってきて妄想めいてきて、読者はおいてきぼりで煙に巻かれてフェイドアウト。物語でも構わないから責任持ってまとめなさいよ。(笑)2018/10/05

Tsuyoshi

65
主人公である女性作家が地下鉄サリン事件で死刑囚となったYとの手紙や接見でのやり取りを通してオウム真理教やサリン事件など一連の出来事に迫っていく話。事件前に引きこもりの兄の心の闇に触れているだけに主人公がオウム真理教の内面世界や引き寄せられた人々に興味が湧いていったのも自然な事かもしれない。オウムだけでなく他の宗教や陸軍、原爆にも触れられており、自らが持ち得ないエネルギーへの渇望が人々を狂気に駆り立てていく根底にあるのかなと思った。2018/01/22

キク

46
元オウム幹部だった故林泰雄と長年交流していた田口ランディによる、ノンフィクションノベル。交流を通して徐々にオウムや麻原に引き寄せられていく田口。その危うさは、「なんでこんな優秀な人達が、麻原みたいな汚いオジさんに惹きつけられたんだ?」という当時の世間の疑問でもある。麻原が真実を語らないまま死刑が執行された。でも詐欺師の教祖と危険な教団という事で問題を終わらせては絶対にいけなかった。書かないでくれという林を振り切り出版した田口は、本当に業の深い人だけど、だからこそコンセントという小説を書けたんだとも思う。2021/02/10

それいゆ

42
オウムにのめり込んだ作家の話だと解釈すればいいのでしょうか?地下鉄サリン事件、麻原の生い立ち、教団の性格などを今解明しようとして、それが何か意味があるのでしょうか?オウム真理教を賛美しているような内容になっており、嫌な気分になりました。真剣に読もうという気にはなれませんでした。2017/12/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11062804

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。