ドール

個数:
電子版価格
¥1,100
  • 電書あり

ドール

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月15日 03時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 157p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309024295
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

その日、少年は、自分だけの特別な人形を手に入れたいと思った――少年の「闇」と「性」への衝動を描く、第52回文藝賞受賞作!

【著者紹介】
1994年、東京都生まれ。21歳。現在、会社員。東京都在住。

内容説明

僕はユリカを愛していたんです。愛なんです。先生とか、クラスの連中には、わからない愛。僕は真剣でした。真剣なことを、気持ち悪いなんて言わないで欲しい。時代を超えて蠢く少年の「闇」と「性」への衝動。第52回文藝賞受賞作。

著者等紹介

山下紘加[ヤマシタヒロカ]
1994年、東京都生まれ。現在、会社員。2015年、『ドール』で第五二回文藝賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かみぶくろ

109
文藝賞受賞作。若い女性作家が描く思春期男子の陰鬱な性欲と葛藤。好き嫌いが明確に別れそうな作品だが、まず主人公の鬱屈した心理描写とその変遷はとてもリアルで、もう作者は完全に憑依して書いてたんだろうなという印象。とはいえこの繊細さはそんな感覚論だけで片付けられるものでもなく、日々のたゆまぬ人間観察と心象想像の産物であって、素直にスゴいですと拍手したい。どんどん哀れな泥沼に嵌まっていく主人公だが、中三男子の視野狭窄なんてそんなものだろうと自分を振り返って納得。なんというか、捨て身の作品。2016/01/11

ちょき

64
文藝賞受賞作ということで読んだが、うーん暗黒。イジメと変質性、これほどのインパクトがないと最近の文学賞は取れないのだろうか?見ると受賞した乙女はまだ21歳。容姿と作品のギャップに驚きを禁じえない。現実世界の子供達の大半は、健全で健やかなのであくまでフィクションとして読める大人に読んでもらいたい。2015/11/24

とろとろ

55
救いようのない歪んだ愛と歪んだ人格を持つ少年の、限りなく真っ暗な話。この本に登場する人物もみんな変。こんな作品は男には絶対に書けないなって思ったよ。この作風を突き詰めていくと、最後はいったいどんな物が出来上がるんだろうか。最近読んだ「異類婚姻譚」といい、自分は何だかよくわからない妄想癖に取り憑かれている。2016/02/15

風眠

46
「過不足なく、汚れていて、美しく、そして哀しい」選評委員・山田詠美氏の言葉。本当にその通りだと思う。家族から邪魔にされ、学校では虐められ、ラブドールのユリカが彼女である中学生男子。境遇だけ見ると可哀想だとも言えなくもない。けれど同情はできない。なぜなら、そんな彼も腹黒いから。ここまで真っ黒になるかってくらい、腹黒いのだ。愛していたはずの対象が憎しみの対象へと変わる瞬間。簡単に反転してしまう心の幼さ、不確かさ。歪んだ性衝動がテーマとなっているが、それほど嫌悪感を抱かなかったのは、やはり文章の力なのだろうか。2015/12/20

ちょこよこ

44
読みやすいし読ませる本ではあるが、うきうきページをめくる本ではないです。読みながら悪い結末、破滅に向かう予感しかなかった。こんなに暗い鬱々とした思春期の性衝動を読んだのは初めてかも。でも文藝賞はなんとなくわかります。すごくそれっぽい。2020/07/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9906690
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。