ボニンブルーのひかり

個数:

ボニンブルーのひかり

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年11月20日 14時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309024011
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

都内の大学を卒業し、特に夢もなく起業でもしようと漠然と考えていた瑛介は、バリバリの広告マンだった父が突然会社を休み始めたことをきっかけに、唯一家族との記憶の残る小笠原諸島への移住を提案。やがて父母とともに小笠原に渡った瑛介は、ツアーガイドの涼太や同い年の里彩たちと出会い、ある夢を見つけていく―。

著者等紹介

白石まみ[シライシマミ]
小説家・脚本家。早稲田大学卒業。雑誌編集者を経た後、脚本家に転身。テレビドラマなどの数多くの映像作品を手掛ける。2011年に『欲ばりたい女たち』(幻冬舎)で小説家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

世界自然遺産の島・小笠原に両親と移住した瑛介は島の人々と触れ合いながらある夢を見つけていく。成長と家族の再生を描く青春小説。

【著者紹介】
小説家・脚本家。雑誌編集者を経て脚本家に。テレビドラマなど数多くの映像作品を手掛ける。2011年『欲ばりたい女たち』で小説家デビュー。著書に『友だち、だよね?』、 映画ノベライズに『東京家族』など。