アンフェアな国―刑事 雪平夏見

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 405p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309023960
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

警察の誤認逮捕の真実に迫る雪平は韓国へ――日韓に潜む深い闇に挑むシリーズ最新作!映画『アンフェアtheEND』9月公開!

【著者紹介】
小説家・脚本家・演出家。04年『推理小説』で小説家デビュー。同作は「アンフェア」としてドラマ&映画化され、続刊と共に《刑事 雪平夏見》シリーズはベストセラーに。他に『ダーティー・ママ!』等著書多数。

内容説明

不可解な異動で、新宿署組対課勤務となった雪平にかかってきた一本の電話。危険ドラッグ常習者によって外務省職員が轢き逃げされたその事件には、あまりにも多くの謎が残されていた。新宿署の杜撰な捜査。杳として行方が知れないもうひとりの被害者。奇妙な行動をとる新任署長。韓国から来た男。やがて、真相に迫る雪平とかけがえのない仲間に悲劇が襲いかかる―仲間への思いを胸に海を渡った雪平を待つ哀切な真相とは?歳を重ね、左腕が麻痺し、もはや「捜査一課検挙率No.1」ではなくなった一人の刑事・雪平夏見が、シリーズ最大の闇に挑む!

著者等紹介

秦建日子[ハタタケヒコ]
小説家・脚本家・演出家。1968年生まれ。90年早稲田大学卒業。97年より専業の作家活動。2004年、『推理小説』(河出書房新社)で小説家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

タックン

105
シリーズ最新作。久々にこのシリーズ読んだけどやっぱドラマ・映画の台本みたいに雪平夏美=篠原になってしまうねえ(笑)今回の話はちょっとした轢き逃げ事件の謎を追ううちに真相は日韓関係に・・・・?だから最後は難しい話になるかと思いきや以外にもあっさりで拍子抜け。それで何だかほのぼのとした家族愛の話になってた・・・・・。そして最後は・・・・・雪平どう返事したんだあ?でもこの1冊は読みやすくて面白いけど果たして(アンフェア・シリーズ)なのか?初期の(アンフェア)のあの謎だらで不可解な話の方が好きだなあ。2016/03/26

荒草ミエル

78
ここ1週間程で最新刊まで一気に読破。初作では馴染めなかったキャラ達が今ではとても愛おしい。本作を読んで、ようやくドラマと別物だと思えるようになった。年齢を重ねた雪平さん、かなり魅力的。あの国との外交問題になりそうな事件がメイン軸のため、誉田哲也「ノーマンズランド」みたいな鬱展開かと思ったけど、そちらは深追いしない方向性で安心。このシリーズにはあまり社会派な世界はいらない気がする。雪平と愉快な仲間たちというエンタメ、雪平の人生を楽しみたい。2019/03/29

くろにゃんこ

77
なかなかのボリュームに読み始めるのを躊躇していたら期限が迫ってしまい・・・でも読みだしたらあっという間でした。不可解なひき逃げ事件の捜査結果を追う雪平。日韓の世界情勢が絡んだ複雑な事情・・・大きくなった美央ちゃんはあまり登場しなくて残念。白迫署長はムカつく。そして安藤の告白・・・雪平の答えをワクワクしながらページを捲ったら・・・なかった(笑)2015/12/16

えむ

72
秦建日子氏初読。刑事雪平夏見シリーズ。新宿署組織犯罪対策課に異動になった雪平は外務省職員轢き逃げ事件の真相を追う。次期韓国大統領候補とされる男の秘密が関係していた。5作目らしいが、前作を読まなくても読む上での支障はなし。小説は映画とは別物。しかし読んでいて脳内にイメージされる雪原は篠原涼子です。2016-32016/01/03

やま

65
雪平のアンフェアシリーズ第5作目。前作の最後は震災が起きたところだったから、その続きから描かれているのかと思ったら、そうではなかった。今回は轢き逃げ事件からスタートし、タイトルにもあるように国に関わるスケールになってゆく。どんどんスケールが大きくなっていくが、最後はうまいこと収束する。最後になって伏線にいろいろと気づかされるが、読んでいる最中には推理できなかった。TwitterやLINEに言及してあり、かなり現代的。まだこのシリーズは続きそうだ。★★★★☆2016/04/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9784600

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。